人材派遣会社社員の給料・年収

平均年収

人材派遣会社の平均年収は、400万円~500万円程度とされています。

人材派遣サービスを手がける企業の数は多く、規模も大手から中小までまちまちです。

したがって勤務先によって給料には差が出てきますが、全体としては大手のほうが給与水準は高めの傾向ではあるようです。

最近はライフスタイルや価値観の多様化などによって、正社員ではなくあえて派遣として働きたいと考える人も増えていること、また企業側も能力の高い派遣スタッフを積極的に雇いたいと考えていることなどから、人材派遣業界は比較的盛り上がりを見せています。

しかし、長引く不況などで派遣先企業が雇用を減らした場合には人材派遣会社の仕事も減るなど、景気の影響を受けやすい面があり、もし会社の業績が悪化した場合には社員の給料も減る可能性があります。

インセンティブ制度がある会社も

営業やコーディネーターの仕事に就く場合、人材紹介の契約が成立すると、売上の何パーセントかが「インセンティブ」として支給される会社もあります。

成果を出せば出すほど給料に反映されるため、頑張り次第では、若くても大きな収入を得ることができます。

ただし、「登録者数」などの個人ノルマが課せられている職場も多く、それを達成できないと評価が下がってしまうこともあるため、継続的な努力が求められます。

待遇は職場によってだいぶ異なる

人材派遣会社の待遇は、企業によってだいぶ異なっています。

「人」に関するビジネスを手掛ける以上、社員をとても大事に考え、働きやすい制度などを整えている職場もありますが、なかには長時間のサービス残業を強いるなど「ブラック」といわれるような職場もあるようです。

実際、人材派遣業界では業界内での転職者が比較的多いといわれています。

もちろん、転職の理由は人によって異なりますが、給料や待遇などの面で「現状に満足していない」ということもあるようです。就職先を決めるときは、慎重に進めたほうがよいでしょう。

リクルートエージェンとは圧倒的な求人数を誇り、人材派遣会社の800万円前後ぜんごの待遇の良いホワイトな人材派遣会社の求人は、大手転職エージェントでまとめて確認することができます。

リクルートエージェントは、人材派遣会社の求人数も多く、年収800万円前後の非公開求人を多数保有していますから、一度相談してみるのよいでしょう。