人材派遣会社社員の勤務時間・休日・残業は多い?

人材派遣会社社員の勤務時間

人材派遣会社の勤務時間は企業によって異なりますが、9:00~18:00くらいが一般的です。

営業職であれば派遣先となるクライアント企業との商談、コーディネーター職やアドバイザー職であれば登録(派遣)スタッフとのやりとりが中心となり、日中に仕事をすることがほとんどです。

ただし、お客さまありきの仕事ですから、相手の都合によっては定時外に打ち合わせが入ることがあります。

たとえば、現在就業中のスタッフがキャリア面談を希望していたり、次の新しい案件を紹介してほしいといった依頼が入ったときは、夕方以降に面談をすることも多いです。

また、営業のように外回りをする時間が長い職種では、場合によっては出張もあり、勤務時間外に動くことがあります。

人材派遣会社社員の休日

人材派遣会社の休日は、基本的には土・日曜日の「完全週休2日制」です。

ただし、クライアントによっては土日の商談・ミーティングを希望する場合があり、そのときは休日出勤をして対応する必要性があります。

休日出勤をした分は平日に代休が取れますが、繁忙期や人手が足りていない職場だと、すぐには取得できない場合もあるようです。

また、会社によっては、休日を利用して社内研修・セミナーなどが行われることもあります。

人材派遣会社社員の残業時間

人材派遣会社には大手企業もあれば、中小零細といわれる企業もあり、勤務先によって働き方はだいぶ異なるといわれます。

大規模な組織であれば、営業とコーディネーターは分業されており、さらに営業ひとつとっても外勤と内勤に分けられていることが多いです。

チームで役割分担できる分、お互いにフォローし合ったりすることもでき、多少忙しくても精神的な負担は軽減されるかもしれません。

大手企業では残業時間の管理も細かくされています。

一方、規模の小さな組織では、一人の社員がさまざまな仕事を兼務していることがあり、たとえば「営業兼コーディネーター」として働く人もいます。

その場合、派遣先のクライアント企業を開拓すると同時に、その企業に適した人材をマッチングし、さらには働いている派遣スタッフの勤怠管理もしなくてはならないなど、膨大な業務を抱えがちで残業時間が多くなることがあります。

人材派遣会社社員は忙しい? 激務?

人材派遣会社の仕事は「人」を相手にするだけに、マニュアル通りにいかない面が多々あります。

仕事の特性上、クレーム処理に費やす時間も多く、時間的な面での大変さ以上に精神的なストレスが大きく、その点で激務といわれるのかもしれません。

なお、新しい仕事は4月や10月にスタートする人が多く、その前の時期は業務量が多くなるため、とくに多忙になる傾向があります。

一方、お盆や年末といった世間が長期休暇をとる時期は、そこまで忙しいわけではなく、人材派遣会社社員も落ち着いて働きやすいでしょう。

人材派遣会社社員の「休日・待遇」の口コミ投稿

  • 休日・待遇
    5.00
    休日・待遇
    5.00

    IT人材派遣の営業職 hito:reさん

    37歳 男性 経験9ヶ月 北海道

    現職(正社員)


    休日は、土日祝日全て休めておりますがこちらに関しては、特に営業職はスケジューリングスキルに応じ、変化があると覚悟が必要となります。

    中には毎週土曜日出勤している社員も存在しているのが実態となっております。