占い師への転職・未経験採用はある?

占い師への転職状況は?

占いショップや占い師を派遣する事務所、占いのサイトなどでは、常に新しい占い師の募集をしています。

占い師になりたいと考える人は決して少なくないようですが、占いの世界は安定した収入を確保することが難しいことから辞めてしまう人も多く、つねに人手不足となっている会社も少なくありません。

そこで、転職をする人や未経験者でも積極的に採用する傾向があるようです。

学歴や資格はまず問われないため未経験からでもスタートしやすく、本当に占いに真剣に取り組んでいきたい気持ちがあれば、まったく関係のない仕事から占い師へ転職することも可能です。

占い師への転職の志望動機で多いものは?

占い師への転職で多いものは、占いが好き、占い師へのあこがれといったものがおおいようです。

会社員やアルバイトなどほかの仕事をしながら占いをしていた人が、固定客をつけたり仕事の幅を広げたりするために占い師として独立する人も少なくありません。

占い師の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から占い師になるには

占い師のハードルは低いが続けるのは難しい

占い師は、努力と意欲次第で誰でもなることができる職業です。

霊感のような特別な能力があれば生かすことができますが、そういった能力がなくても勉強をすれば誰でも占い師として活躍することができます。

また、占い師として仕事をしているうちに感性が磨かれ、鋭い直感力を持つようになる人もいます。

しかし、占い師になることは簡単でも、続けていくことは難しいといわれます。

給料が完全出来高制であるということ、他人の悩みを聞き続ける仕事のため精神的にきついと感じることなどがあげられ、占いに対する情熱と強い精神力がないと続かない仕事といってもよいでしょう。

占い師になるための道

占い師への転職を考えた場合、占いの基礎を勉強することから始めます。

ただ、占いを勉強したからといって、すぐに占い師になれるわけではなく、勉強したばかりの人はまず身近な人を無料で占って技術を磨くことになります。

その後ある程度のレベルになってから、占い会社に登録してプロの占い師として活動します。

占いだけで生活している人は少ない

占い師として活動している人の大半が他にも仕事を持っていて、占いだけで生計を建てる人は少なくなってきています。

占いの世界も競争が激しく、誰でもなれるからといって業界で生き残れるわけではありません。

実際、占い一本で生活するのは容易ではなく、生活の安定を図るのなら他にも収入源を確保するほうがよいでしょう。

良くも悪くも、一般的なオフィスワークの仕事とはまったく異なる仕事であるため、憧れだけで転職を決断してしまうと苦労することになるでしょう。

占い師への転職に必要な資格・有利な資格

占い師の求人では学歴や資格が求められることはまずありませんし、経験に関しても問わないことがほとんどです。

採用の基準は会社によって違いますが、一つの占いしかできない人よりも、複数の種類の占いが使える人のほうが、さまざまな顧客のニーズに応えやすいことから歓迎されやすいです。

また、占いのスクールに通っていたり、占い師のもとに弟子入りをしたりして勉強をしていた実績があると未経験者でも評価されやすくなり、たとえ独学であっても自分で努力している姿勢を見せることは大切です。

占い師に資格は必要?

占い師への転職に役立つ職務経験は?

他の分野から占い師へと転職する際に、前職の経験が役に立つ場合があります。

たとえば保険の外交員・営業職・水商売経験者・接客業経験者などは、顧客とのコミュニケーション術を身につけている場合が多く、相談者との距離を縮めるのがうまいため、占い師デビューした際に比較的早くに固定客がつく傾向があります。

占い師への転職面接で気をつけるべきことは?

営業力とコミュニケーション能力

未経験者が占い師として働く上で一番大変なのは、自分を指名して通ってくれる顧客を確保することです。

会社に所属している場合は何割かの手数料を取られてしまうため、たくさんの客を取らなければ安定した収入は望めません。

未経験者の場合はまずこの顧客の開拓から始めなければいけませんから、高い営業能力やコミュニケーション能力が大切です。

転職の際には、この営業力やコミュニケーション能力をアピールしていくことが大切となります。

相談者に寄り添う姿勢

未経験者で年齢も若い占い師の場合、相談者の人生相談に柔軟に対応するのが難しいという一面もあります。

占いの相談内容はさまざまで、ときにはドロドロとした内容の話や倫理的に許されないような内容の話を聞かされることもあります。

ある程度年齢を重ねて人生経験の豊富な占い師であれば相談者に的確なアドバイスができるかもしれませんが、若くて人生経験の少ない占い師の場合は、どのような言葉をかけていいのかわからずに戸惑ってしまうこともあります。

そのため、相談者に寄り添う、思いやりをもって相談者に接するなどの努力が必要で、未経験や経験の浅い転職の場合はこの部分をアピールしていくことが大切です。

占い師に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

占い師には定年という概念がないため、何歳になってからでも占い師になることができ、何歳まででも働くことができます。

相談者によっては、人生経験のある年配の占い師を好むという人も少なくないため、年齢を重ねても活躍のチャンスがあることは、占い師の特徴です。

未経験から占い師の転職での志望動機

未経験から志望動機を考える場合、なぜ占い師になりたいのかという部分も大切ですが、どのような方法で、誰をターゲットにして占いをしたいのかという具体的なビジョンが重要です。

占いは需要が多い分、競争率も高くなりがちなため、自分の強みや個性を生かした営業が求められます。

占い師として自分をどのようにセルフプロデュースしていけるかを考え、相手に伝えられるかというところが成功のカギとなります。