占い師の1日・生活スタイル

占い師になりたいと考えたとき、自分が望むライフスタイルに合った働き方ができるのか、1日のスケジュールはどのようになるのかが気になるのではないでしょうか。

本記事では、占い師の1日や生活スタイルを紹介します。

占い師の業務スケジュール

占いのスタイルによって変わる生活

占い師の生活のスタイルは、個人によって大きく異なります。

昼間の時間帯をメインにして働く人もいれば、夜の時間帯をメインにして働く人、対面式の占いショップに出勤する人、自宅でメールや電話をメインにして働いている人もいます。

占いショップで働いている人の場合は、基本的には他の接客業の人と同じように、ショップの開店時間に合わせて出勤をするという規則正しい生活を送ることになります。

一方で、電話やメールを中心とした占いをしている人は、相談者の都合や自分のスケジュールに合わせて臨機応変に予定を組みたてながら仕事をします。

占いの仕事は時間や場所の制約がないため、自分の理想とする働き方をよくイメージしたうえで仕事のスタイルを決めることが大切です。

午後から夜がメイン

対面式の場合、占いのショップの営業時間はさまざまですが、どちらかというと午後から夜にかけての遅い時間帯にオープンしていることが多いようです。

一般的に、悩みを抱えている人が「将来が不安だから助言が欲しい」「誰かに話を聞いてもらいたい」と思うのは、明るい昼間よりも日が落ちた後の夜のほうが多くなるものです。

また、日中は学校や仕事などで時間がとれないので、相談できるのがどうしても夕方以降になってしまうという事情もあります。

このような理由から、占い師の働き方や生活リズムは、どちらかというと夜型の生活になることが多いといえるでしょう。

飲食店が立ち並ぶ繁華街では、あえて夜に限定して占いのショップや相談コーナーを開いているケースもあります。

昼と夜の両方働く人も

占い師の収入は完全出来高制であることが多いので、少しでも収入を増やすために対面での占いのほかに、メール相談や電話相談を受ける人もいます。

また、仕事の空き時間に占い教室を開いたり、雑誌やインターネットの占いコーナーに寄稿したりすることで副収入を得ている場合もあります。

またベテランの占い師ともなると、全面的な信頼を寄せて何度も相談事をしに来る顧客がつくようになります。

相談者の悩みは解決までに長い時間がかかることも珍しくないため、数年間かけて同じ占い師のもとへ通い続ける人も少なくなく、メールや携帯電話の番号などの連絡先を交換しておいて相談者の求めに応じて臨機応変に対応する占い師もいます。

この場合は、深夜営業や休日返上で働くことを覚悟したうえで相手のスケジュールに合わせて仕事の予定を組むことが大切です。

占い師は不安定な収入のなかで不安を抱えながら働く人が多いため、常連となってくれる相談者に対しては手厚いサービスをして徹底的にフォローすることが多いようです。

対面式ショップで働く占い師の1日

9:00 起床
10:00 メールチェック
メールや電話での占いの予約や依頼に対応します。
12:00 出勤
店内の清掃や占い用の道具の準備をして相談者を待ちます。
13:00 店舗オープン
相談者が来たら、その都度占いをして対応します。
一人当たりの時間は15分からで、ときには2時間ほどかかる場合もあります。
17:00 休憩
相談者のいない時間帯に休憩をとります。
17:30 占い再開
20:00 退勤
店舗を閉め施錠し退勤します。
予約が入ったり、相談が多く来たりした日には残業することもあります。
21:00 帰宅
22:00 メールチェック
メールや電話での依頼があれば対応します。
24:00 就寝

電話・メール占いで働く占い師の1日

8:30 起床
9:00 依頼確認
メールでの占い依頼や電話予約が入っていないかを確認します。
10:00 原稿執筆
フリーペーパーに掲載する占いの記事を作成します。
来月の運勢を12星座別に占い、読者層に合ったラッキーアイテムやラッキーカラーなどを執筆します。
12:00 休憩
13:00 占い・待機時間
電話占いの待機時間は、自宅で電話が来るのを待ちます。

基本的には30分から1時間単位のコマに分かれていますが、あらかじめ予約されているものもあれば、空き時間に突発的に来るものもあります。

それぞれの相談者の内容に沿った占いをしていきます。

依頼がない場合は、メールでの占いに対応したり、適宜休憩をとったりすることができます。

23:00 占い・待機終了
一日数人から多い日では十数人を占います。
24:00 就寝

占い師の勤務時間・休日

占い師の1日・生活スタイルのまとめ

占い師の生活のスタイルは、個人によって大きく異なります。

悩みを抱える人は日が落ちてからのほうが「誰かに聞いてほしい」という思いが強まる傾向にありますから、占いのショップは午後から夜にかけての遅い時間帯にオープンしていることが多いようです。

占い師は不安定な収入のなかで不安を抱えながら働く人が多いため、常連となってくれる相談者に対しては手厚いサービスをして徹底的にフォローすることが多いようです。