女性の占い師のキャリアパス・結婚後の生活

妊娠・出産を希望する占い師には、それら大きなライフイベントを経て仕事をどうするかという問題がつきものです。

本記事では、女性の占い師の現状や結婚後の働き方などを紹介します。

女性の占い師の現状

占い師は圧倒的に女性が多い職業です。

これは占いを求める人の多くが女性であるためです。

占いをしてもらう際には悩みや自分が今おかれている状況を話す必要があるため、同性のほうが安心できるといった需要からくるものと考えられます。

女性の占い師の強み・弱み

同性の相談者から信頼されやすい

女性占い師の強みとして、同性からの相談を受けやすい、信頼されやすいという2点が挙げられます。

女性のなかには、男性占い師ではどうしても威圧感があると感じてしまったり、男性に自分の話を赤裸々に語るのは抵抗があると感じたりする人も少なくありません。

男性占い師との違い

一般的な占いのスタイルとして、女性占い師の場合は相談者の気持ちに寄り添い、本音や不安を受け止めることが多いようです。

一方、男性はどうしても問題を解決に導きたいと考え、現実的・論理的な話をしがちです。

そのため男性占い師は一般的な占いだけでなく、後継者の指導やコンサルティング業務、ビジネスに関するアドバイスなどで活躍する人が多いという特徴があります。

占い師の結婚後の働き方・雇用形態

占い師は結婚後も働きやすい仕事です。

独立開業した占い師の場合は、自分で働く日時を決められるため、家庭との両立もしやすいといえるでしょう。

また、家庭との両立が難しいと感じた場合、在宅での占いや電話での占いに切り替えたり、都合のよい時間だけショップに立ったりするなど柔軟な働き方も可能です。

占い師は子育てしながら働ける?

占い師は家庭との両立もしやすく、子育てしながら働くのにも適した職業であるといえます。

子どもが小さいうちは在宅での占いや電話・チャットでの占いをしたり、あらかじめ予約を取り、決められた人数・時間だけ働いたりするといったことも可能です。

特にインターネットを使った占いの場合は、子どもが小さくても自宅でできるため、今までショップで対面占いをしていた人が、子どもができたためインターネットでの占いに切り替えることもあるようです。

子どもが小さくても働きやすく、時間や場所を問わず働くことができる点は占い師のメリットといえるでしょう。

占い師は女性が一生働ける仕事?

占い師には定年がないため、占いができるのであれば何歳まででも働くことができます

また、人生経験が生かせる仕事のため、むしろ年配の占い師が好まれることもあります。

年齢を重ねれば重ねるほど、人生経験や占いの経験を活かしてより的確なアドバイスができ、より仕事の幅を広げられるでしょう。

このような理由から、占い師は一生続けられる仕事といえます。

女性の占い師のキャリアパスのまとめ

占いを求める人の多くは女性です。

占いをしてもらう際には悩みや自分が今おかれている状況を話す必要があるため、同性の占い師のほうが安心できる相談者が多く、男性占い師と比較して人気が出やすいようです。

占い師という仕事は、子どもが小さいうちは在宅で電話・チャットで働いたり、あらかじめ予約を取り、決められた人数・時間だけ働いたりするといったことも可能です。

ライフスタイルの変化に合わせて働き方を変えることができるのは大きな魅力です。工夫すれば占い師として長く活躍できるでしょう。