執事の求人状況・就職先選びのポイント

執事の就職先にはどんなところがある?

執事は、主に富裕層のお客さまに仕えて働いています。

雇用形態はさまざまですが、日本には執事サービスを提供する会社や、お客さまのリクエストを受けて執事をコーディネートするような会社があり、それらに応募して採用されることによって、執事の仕事ができるようになります。

執事の求人の状況

どの国においても、いわゆる一般的な生活をする人々の上には、必ず富裕層といわれる人々がおり、執事はどの国、いつの時代でも、一定の需要がある職業です。

ただし、執事はお客さまとの信頼関係で成り立つ仕事であり、実力のある人に仕事の依頼が入ります。

圧倒的な信頼を寄せられるようになれば、長期にわたって雇用契約を結んでもらうこともありますが、ひとたび信頼を失えばわずか数ヵ月程度で切られてしまう可能性もあります。

そのため、信頼も含めて実力をつけることが何よりも大事であり、実績を積み上げていけば、必ず仕事を続けていくことができるでしょう。

執事の就職先の選び方

日本国内で働きたいと考える場合、執事サービスを提供する会社に就職し、そこから派遣されて働くのが一般的です。

執事を雇いたいお客さまと執事として働きたい人をマッチングし、うまくいけば長期的に仕事をすることができます。

海外で働く場合は、各国の王室や富豪や資産家の個人邸宅、大使館などの公的機関、またホテルやリゾート地、クルーズ客船などが多いようです。

海外では執事の養成学校に通ったあと就職をあっせんしてくれたり、養成学校出身者を積極的に採用したりしようとする企業も多いようです。

執事の志望動機・面接

サービス業を極めたい

執事を目指す人で多いのがサービス業を極めたいという志望動機です。

執事は、もともとサービス業に関わっていた人が転職をすることが多く、一人のお客さまに対して徹底的に尽くし、喜んでいただきたいという強い思いから目指すことが多いようです。

またサービスの手ごたえが得やすい仕事であること、収入が高い点に魅力を感じ、執事になりたいと思う人も多いようです。

社会人経験を積むことが必要

執事は、特別な資格が求められる仕事ではありません。

ただし特殊な職業であることから、執事の仕事の性質についてよく理解していることはもちろん、高いレベルのサービス力やホスピタリティ精神、一般常識などを兼ね備えていることが必要となります。

お客さまとなる富裕層の方の生活や考え方は、一般人とはだいぶ異なるところもあるため、この特殊な世界について理解できていなければ、仕事を長く続けることは難しいのです。

そのため、未経験者がいきなり執事になりたいと思っても、なかなか採用されることは難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

最初に執事の世界に飛び込む際には、社会人として企業での実務経験(たいていは5年以上)や、英会話力、ホスピタリティやコミュニケーション能力などを求められることが多いです。

就職先はどのように探したらいい?

執事を目指す場合は、まず執事を派遣する執事サービスの会社に登録することが必要です。

そのほか、一流のホテルやリゾートなどでのサービス経験がある人に「執事の求人があるかチャレンジしてみないか?」と人づてで紹介されたり話しが来たりすることもあるようです。

一般的な職業のように求人サイトやハローワーク等で見つけられることはほとんどないため、自らアンテナを張ることが大切です。