このサイトはカジノディーラーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「カジノディーラー」

仕事内容
カジノディーラーとは、カジノにおける接客役として、場を演出しながらゲスト(プレーヤー)をもてなし、楽しませる仕事です。基本的にゲームテーブル1台につき1人のディーラーが付き、ルーレットを回したり、カードを配ったりしながらゲームを進行させ、勝ったプレーヤーの配当額を素早く計算してチップを配ります。ただ単にゲームを進行させるだけでなく、常にゲストの様子に気を配り、どんな人にもカジノでの時間を楽しんでもらえるように配慮します。
なるには
カジノディーラーになるためには、ディーラーとして求められる知識や技能を身につける必要があります。カジノに就職する際は必ず技能審査が行われるため、それをパスできるだけの専門的なスキルを習得することが第一となります。一般的には、カジノディーラー養成学校に通うか、アミューズメントカジノでスタッフとして働きながら現場でスキルを磨く2つの方法があります。現在、日本ではカジノが合法化されていないため、本格的なカジノで働きたい場合には、基本的に海外で就職先を探すことになります。
給料
カジノディーラーの給料は、「基本給(時給×働いた時間)+チップ」で成り立っています。時給は日本円にして800円程度であることも多く、決して高い収入が得られる仕事ではありません。しかし、ゲストがカジノでゲームを楽しんだ際にもらうことができるチップは、まとめて各カジノディーラーに均等に分配されるため、たくさんのチップが集まればその分だけ収入も増えます。チップを含めたカジノディーラーの平均年収は、300万円〜600万円程度といわれています。
将来性
現在、日本ではカジノは合法とされていないため、模擬カジノやアミューズメントカジノなど以外でカジノディーラーが日本国内で働くことはできません。しかし、カジノ解禁に向けた議論は国会で引き続き進められており、もしかすると近い将来、日本でもカジノが誕生する可能性はあり、その動きによって日本のカジノディーラーの将来性は大きく変わってくるでしょう。なお、海外ではこの職業がすでに一般的な職業のひとつとして認知されており、とくにアジアでの需要が高まっているといわれます。