冒険家の需要・現状と将来性

冒険家の現状

人類の長い歴史の中で、数多くの冒険家といわれる人たちが前人未到の場所へ出かけ、さまざまなチャレンジを行ってきました。

いまや、地球の表面上で誰も足を踏み入れたことのない土地は、もうほとんどないといわれています。

数千メートル級の山岳地帯も、南極・北極も探索が進んでおり、かつては謎とされてきたことの数々が解明されています。

こうした謎の解明も、先人たちが冒険をして少しずつ前人未到の地に入り込んでいった結果であり、今後も冒険家を目指す人が減るとは考えられないでしょう。

冒険家の需要

冒険家としての需要が増えるということは考えられませんが、冒険家を目指す人は「需要があるからなりたい」「人の役にたつ冒険がしたい」という人はほとんどいません。

「冒険に出たい」という気持ちが強く行動に移す人が多いため、需要とは関係なく、この職業はあり続けるでしょう。

また、近年ではエンターテインメントとしての冒険が取り上げられることも少なくなく、雄大な自然を相手に、誰もやったことのないパフォーマンスをすることに価値を置く面も大きいです。

自動車や航空機でスピードに挑戦したり、高地や深海で活動したりと、いわゆる「超人的」な行動をする人が人気を集めれば、メディアでの需要は高まりを見せるでしょう。

冒険家の将来性

「真の冒険家」として活躍できる人は限られています。

並の体力や精神力では、とても冒険を続けることはできません。

ましてやあえて危険の中に飛び込み、命を失うリスクを背負ってでも冒険に出たいと考える人は、決して多くないはずです。

また、どれだけ私たちが冒険家に憧れのまなざしを向けたとしても、この先、冒険家が安定して稼げるような職業に変わっていくといったことは考えにくいでしょう。

それだけに、冒険家は人々にとって特殊な存在だといえます。

人からどう思われようと、お金が稼げなかろうと「それでも冒険家になりたい」と考える人は、それだけ強い信念と覚悟を持っているひとのみが、冒険に出られるのです。

冒険家の今後の活躍の場

前人未到の地へ

今後は深海、海中や水中を含む深い洞窟、あるいは密林の奥地など、まだあまり探索が進んでいないとされる場所へ積極的に訪れようとする冒険家が出てくるだろうと考えられています。

航空機やドローン、衛星など高度な技術が進んでも、その地に実際に人が足を踏み入れなければわからないことは非常に多くあります。

これからも、人々が想像もしないことに挑戦し、世の中を驚かせる冒険家が登場してくるでしょう。

宇宙へ飛び出す冒険家

広い意味で考えれば、地球外、つまり宇宙へ飛び立つ宇宙飛行士も冒険家といえるでしょう。

宇宙の探検は国家レベルでのプロジェクトになりますが、一般人でも宇宙旅行に行けるような時代が遠くない未来実現すると考えられています。

冒険家の活躍のフィールドは時代とともに広がりつつあり、時代が変わっても新たな活躍の場を見つけていくでしょう。