執事になるための学校やスクールはある?

執事になるための学校の種類

執事を目指す際に、関連する知識や技能が学べる学校に通うことを考える人は多いことでしょう。

しかしながら、執事になるためのスキルを専門的に学べる学校は、現在のところ日本には存在していません。

執事になるために絶対に必要とされる資格や学歴がないこと、また執事という職業自体、日本ではあまり一般的ではないことから、目指す人の数もごく限られていると考えられます。

ただし、世界では執事発祥の国であるイギリスをはじめ、アメリカやオーストラリア、カナダ、オランダ、あるいはイスラム圏など、多くの国で執事が活躍しています。

そして、これらの世界各国には、大富豪やVIPの執事として働くためのスキルを身に付けるための「執事の養成学校」というものも存在します。

もし世界でも活躍できる一流の執事になりたいと思った場合には、このような執事学校に通うことを考えていくことになるでしょう。

執事になるための専門学校

直接執事の仕事について専門的に学ぶわけではありませんが、ホテルや観光系の専門学校などに通えば、ホスピタリティやサービスに関わることを身に付けられるでしょう。

日本国内の執事サービスを提供する会社で働きたい場合には、このような専門学校を卒業していることが応募条件の一つとなっていたり、優遇されたりすることもあるようです。

国内で進学先を考える場合には、こうした専門学校を選択するとよいでしょう。

執事になるための養成学校

執事になるために学ぶこと

執事の養成学校は、「バトラー養成学校」ともよばれ、欧米を中心に存在し、現在のところ日本にはありませんが、アジアに支部やコースをおく学校もあります。

学校では、まず執事の仕事の基本となる家政管理にまつわることを全般的に学びます。

具体的には、洗濯やアイロンがけ、裁縫、ハウスキーピング、コーヒーやお茶の提供の仕方、さらにフラワーアレンジメント、邸宅管理などです。

ただし、執事の仕事は「正解」というものがありません。

なぜなら、仕えるお客さまによって好みも価値観もさまざまであり、執事は経験を通じて自分でどのようにすればベストかを考え、行動していかなくてはならないからです。

応用力こそが求められる仕事であるため、執事の養成学校は、その基礎となるものを徹底的に身に付ける場所だといえます。

また、執事にふさわしい立ち居振る舞い、言葉遣いなどまで厳しく指導されるようです。

英語力は必須

執事学校にはさまざまな国からの留学生が集います。

そのため、授業は英語で行われることが基本となっており、入学の条件として英語の読み書きが問題なくできることが掲げられていることもあるようです。

世界には、いくつもの執事学校があり、入学条件や学費、在学期間なども異なります。

学校の情報はインターネットを使うなどをしてよく調べ、比較してみるとよいでしょう。

女性も執事を目指せる

執事と言うと男性のイメージがありますが、執事の養成学校に通う女性も一定数いるようです。

これはイスラム諸国には親族以外の男性が女性に触れてはならないとされている地域があるため、家庭内での仕事を女性に任せているところが多いことに由来しています。