探偵への転職・未経験からなるには?

探偵への転職状況は?

探偵は、なるために特別な資格や学歴が求められる仕事ではありません。

探偵に求められる調査能力や知識等は、なかなか一般の学校で学べるものではありませんから、実際ほぼ未経験の状態からこの業界に入ってくる人がほとんどです。

探偵への転職の志望動機で多いものは?

探偵という仕事は、メディアで取り上げられることも多く、特殊な仕事に憧れて志望する日という人は後を絶ちません。

また、直接人の役に立つことができる仕事のため、やりがいを求めて転職をする人もいるようです。

探偵の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から探偵になるには

だれでも探偵になれる

転職の場合も、探偵になる場合特別なスキルや知識は必要とされないため、誰でも探偵になることはできます。

ただし、誰でもなりたいと思ったらすぐ探偵になれるかというと、そうとも限りません。

探偵社は、できるだけ可能性のある人材を採用したいと思っているため、未経験であっても「資質のある人」が選ばれやすいのです。

探偵には頭の回転の速さ・洞察力・交渉能力・そのほか体力や精神的な強さも求められます。

これらに自信がある人であれば、未経験から探偵社に入って経験を積んでいける可能性は十分にあります。

生き残っていくのが難しい業界

ただし探偵は、個人の能力にかなり左右される仕事でもあります。

たとえ会社に所属していようとも、実力のない人は重要な仕事を任せてもらえませんし、お客さまからの信頼も集められません。

現在、第一線で活躍している探偵は相当な実力を持っている人も多く、憧れだけではとても生き残っていくのが難しいのが実情です。

探偵のスキルやノウハウは経験によって培われるところも大きく、ほとんどの場合、最初の数年間は第一線に立つのではなく、先輩のサポートからスタートします。

一人前になるまでは、そこまで高い給料がもらえないことが普通ですから、転職前に比べて収入がだいぶ落ちてしまう可能性があることを覚悟しておきましょう。

探偵への転職に必要な資格・有利な資格

探偵になるための転職で特別必要とされたり有利になったりする資格はありません。

専門知識を身に付けたい場合は、先に探偵学校に通い、探偵業の基礎を学んでから転職することもできます。

学校によっては、そのまま系列の探偵社へ就職できるところもあるため、スムーズに就職をしたい場合にも有効でしょう。

探偵になるために必要な資格や免許は?

探偵への転職に役立つ職務経験は?

探偵への転職で特別に役立つ職務経験はありませんが、しいていえばしっかりと仲間や相談者とコミュニケーションを取れることです。

探偵は相談者の気持ちに寄り添ったり、仲間と協力したりして事件を解決に導くことが求められるためです。

探偵は未経験からの転職も多いため、一般的な社会常識やコミュニケーション能力があれば、問題ないでしょう。

探偵への転職面接で気をつけるべきことは?

誰でも探偵になれるとはいっても、本気で探偵になりたいという熱意と覚悟がなければ、あっさりと見抜かれてしまいます。

せっかく探偵業についたものの、下積み期間に探偵の仕事の地道さや厳しさに直面し、「思っていた仕事と違う」という理由で離職してしまう人もいます。

探偵は、扱う案件の内容が多岐に渡るため、精神的にもタフさが要求されます。

転職を考える際はしっかりと自分の意思を確認したうえで、長期的な計画を立て、どのように働き活躍したいかというビジョンを明確にしておく必要があるでしょう。

探偵に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

探偵業に関わる人は、特に年齢制限はありません。

ただし50代を超えると体力的に厳しいと感じる人が多いため、退職・離職する人が多いようです。

探偵業は経験がものを言う仕事のため、キャリア形成の面からもできるだけ早いうちに行動に移しておく方がよいでしょう。

未経験から探偵の転職での志望動機

探偵を目指す場合には、「なぜ探偵業を志したのか」という確固たる意志が必要です。

ただの憧れだけでは長続きせず、挫折してしまう可能性もあり、採用担当者からも敬遠されてしまうため、漠然としたものではなく具体的で信頼背のある志望動機を考える必要があります。