1分でわかる「便利屋」

仕事内容
便利屋とは、人々が日常生活を送るうえで発生するさまざまな「困りごと」を解決することを仕事にしている人、あるいはその組織のことをいいます。

お客さまからの依頼内容は、部屋の片づけや庭木の剪定、害虫駆除、新しいパソコンのセットアップなど多種多様であり、便利屋は依頼が入るとお客さまの元へ出向き、必要な作業をこなしてそれに見合ったお金をいただく形で仕事をしています。
なるには
便利屋として働く人は大きく、便利屋として事業を営んでいる企業に勤める人と、個人で独立して仕事をしている人の2種類に分けることができます。

学歴が問われることはほとんどなく、資格や免許なども求められませんが、別名「何でも屋」といわれるほど依頼内容は多岐にわたります。

なお、電気工事や代行運転など、特定のことを業務として請け負う場合には、それに応じた資格の取得が必要です。
給料
便利屋に勤めて働く場合の給料は、正社員であれば月給18万円~20万円程度から、アルバイトであれば時給850円~1000円くらいからのスタートが相場となっているようです。

独立開業した場合は、月に数万円程度しか稼げない人もいれば、月に100万円以上をゆうに稼いでいる人もおり、どれだけ多くのお客さまを集められるかによって収入が大きく変わってきます。
将来性
高齢化が進む現代は、一人暮らしの高齢者が便利屋に依頼するケースが増えているとされ、そうしたニーズの高まりとともに便利屋の認知度も高まっています。

便利屋は事務所を持たず、経費をさほどかけなくても仕事をすることができるため、工夫次第では利益を上げやすいといえるでしょう。

しかし、競争が激化しているなかで生計を立てていくのは容易ではなく、お客さまからのどんなニーズにも応えられるだけの技術の向上、資格取得を目指す努力が必要になるでしょう。