女性でも執事になれる?

女性の執事の現状

執事というと、ドラマや映画などのイメージから、男性の姿を想像する人が多いでしょう。

実際、昔から執事は男性が非常に多く活躍してきた職業であり、今でも男性の執事が中心であることは確かです。

女性というと、歴史的にも家政婦やメイドさんのイメージを持つ人も多いかもしれませんが、女性は執事になれないわけではありません。

実際、世界の執事養成学校に通う人のうち、25%程度は女性だといわれており、女性でも執事を目指すことは十分に可能だといえるでしょう。

女性の執事の強み・弱み

世界には、あえて女性の執事を雇うケースも多々あるようです。

たとえば、イスラム諸国では宗教上のルールで「親族以外の男性が女性に触れてはならない」と定める地域が多いため、女性の執事が活躍する割合が高いといわれています。

さらに、近年執事の需要が高まっている米国でも、女性の執事のニーズが高まっています。

またハリウッド女優など世間から注目を集める職業に就いている人の場合、男性執事を雇うとスキャンダルとしてあらぬ誤解を招く可能性があるため、女性の執事を求めることが多くなっています。

執事の結婚後の働き方・雇用形態

もちろん執事の仕事は大変な面も多々あります。

執事は、基本的にお客さまのいかなる要望にもすぐに応えなくてはなりません。

早朝であろうと、深夜であろうと仕事をしなくてはならないこともあり、また国内外へ旅行される場合に同行したり、突然の難しい要望が発生したりしても、お客さまに何とかして満足していただけるサービスを提供しなくてはならないのです。

とにかく主人に対して「尽くす」ことが大切であり、状況によっては、自らのプライベートを犠牲にしなくてはならないこともあるため、家庭と両立させて働きたいという女性にとっては難しい仕事かもしれません。

実際、男性の場合でも、家族など守るべきものを抱えていない独身者がなるケースが比較的多いようです。

執事は子育てしながら働ける?

執事の大きな悩みとして、家庭を持てないということがあるようです。

自分で世帯を持つようになると、これまでのようにお客さまのようにすぐに駆け付けられなかったり、住み込みで働けなくなったりするからです。

雇い主としても、このような理由で既婚者を避ける傾向にあり、家庭を持ったり子育てをしたりしながら働くことは難しいといえるでしょう。

ただし、執事としてではなく、家政婦やハウスキーパーなどとして短時間で働いたりすることは可能です。

執事は女性が一生働ける仕事?

執事は結婚・出産を考えるのであれば、男女ともに働き続けるのは難しいといえます。

ただし、プライベートをなげうってでも働きたいという熱意があれば、一生この仕事を続けることはできます。

仕事に対する情熱と、その思いを汲み取ってくれるお客さまに出会うことができれば、一生をかけて働きたいという人にとっては執事の仕事は天職になるでしょう。