このサイトは執事を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「執事」

仕事内容
執事とは、お屋敷などに仕える使用人の筆頭として、主に家政全般を取り仕切ったり、主人およびその家族への給仕をしたりする人のことをいいます。具体的には、食事の準備や給仕、家族の送り迎え、来客対応、屋敷や土地の管理など、お客さまの要望に応じて多岐に渡る業務をこなします。お客さまが何をしてほしいのか、どのようなサービスを望んでいるのかをしっかりと汲み取り、あらゆるニーズに対応することが求められます。
なるには
執事になるために、絶対に必要とされる資格や学歴はありません。ただし、社会的地位の高い方がお客さまとなることから、執事にも高いレベルでの一般常識やマナー、接遇能力などが求められます。執事という職業があまり一般的でない日本には、執事について学べる専門的な学校がありませんが、世界の執事学校では、執事になるための基礎を一から学ぶことができます。未経験者がいきなり執事として働くことは難しく、ラグジュアリーホテルや豪華客船などで、サービス経験を積んだ人が執事になるケースが多いようです。
給料
執事の給料は、その人の執事としての能力や、経験、またお客さまからの信頼度によって大きく異なります。使用人の中では高額な収入が得られ、執事発祥の地であるイギリスでは年収1000万円を超える人も珍しくなく、日本で働く場合もベテラン執事になると、時給にして3万円程度をもらう人もいるようです。お客さまから大きな信頼を寄せられるようになれば、収入や待遇面でも十分な見返りがある仕事だといえるでしょう。
将来性
どの時代にも富裕層は必ず存在するため、執事はこの先も一定の需要があり続けるビジネスだといえます。個人のお客さまの邸宅で働くことが多いですが、最近ではラグジュアリーホテルや高級マンションなどでの執事サービスの提供も見られるなど、活躍の場は広がりつつあるようです。なお、グローバル化が進んだことにより、日本で働く執事も当たり前のように英語力が求められるようになっています。実力をつけ、高いレベルで仕事ができる執事になることが、成功するポイントだといえます。