「執事」とは

邸宅に仕える使用人の筆頭として家政全般を取り仕切り、主人やその家族へ給仕を行う。

執事とは、お屋敷などに仕える使用人の筆頭として、主に家政全般を取り仕切ったり、主人およびその家族への給仕をしたりする人のことをいいます。

この仕事に就くために特別な資格は必要ありませんが、富裕層の方がお客さまとなるため、執事にも高いレベルでの一般常識やマナー、接遇能力、英語力などが求められます。

お客さま宅に常駐し、朝晩関係なくお客さまに付きっ切りで働くこともあるなど大変な仕事ですが、全幅の信頼を寄せられた執事は、年収1000万円を超えるような高額な収入を得ることも可能です。

日本には執事の仕事について専門的に学べる学校がないため、もし学校で学びたいと思った場合には、執事発祥の地であるイギリスをはじめ、世界各国の執事学校への留学を検討する必要があります。

「執事」の仕事紹介

執事の仕事内容

使用人の筆頭として働く

執事という仕事は、主人(雇用主)に仕える使用人の筆頭として、家政全般を取り仕切ったり、給仕をしたりすることです。

執事の具体的な仕事内容は、お茶や料理の給仕、貴重品の管理、他の使用人の監督、屋敷や土地の管理、家族のサポート業務、来客対応などです。

執事は、「究極のサービス業」ともいえ、自分の主人が何をしてほしいのか、どのようなサービスを望んでいるのかをしっかりと汲み取り、常に先回りして喜んでもらえるサービスを提供する仕事です。

そのため、サービスの内容は、基本的に臨機応変な対応が求められ、マニュアル通りの仕事というものはありません。

ときには、主人の子・孫の世代まで仕えて長く仕事をすることもあり、世代を超えてその家族と付き合うという執事も少なくありません。

執事の就職先・活躍の場

執事サービスを提供する会社

日本においては、執事という職業自体があまり馴染みのないものであるため、執事として働く人も決して多くありません。

ただし、執事サービスを専門的に提供する会社も存在していて、そうした会社に採用されることで、執事の仕事ができるようになります。

まずはホテルや豪華客船でコンシェルジュとしてサービスの経験を積み、そこから執事になる人も多いようです。

そのほか数は多くありませんが、老舗のクラシックホテルでは、特別なゲストに仕えてサービスを提供するバトラーサービスを提供するところもあります。

執事1日

主人のスケジュールに合わせて働く

執事は主人のスケジュールに合わせた働き方をするため、決まった働き方はありません。

ここでは一例として、常駐して働く執事のある1日をご紹介します。

5:00 起床
主人より先に起床し、自分の朝食を簡単に済ませます。

5:30 朝食の準備
調理担当の仕事を確認します。

6:00 朝食の給仕

7:30 予定の確認
主人の1日の予定について、使用人たちと確認します。

8:00 ご家族のサポート
主人をお見送りした後は、奥様やお子さんのサポートにあたります。
子どもたちの送迎・家の中の清掃・外出のサポートなど仕事は多岐にわたります。

16:30 お子さまの勉強サポート

19:00 夕食の給仕

21:00 自由時間
一日の仕事が終われば、就寝時間までは自由に過ごすことができます。
もちろん夜に仕事を頼まれることもあるので、臨機応変に対応します。

23:00 就寝
家全体の戸締りを確認してから就寝します。

執事になるには

養成機関で学ぶのが近道

富裕層のお客さまに仕える執事は、ある意味とても特殊な職業だといえます。

臨機応変に主人の要望に応えていく究極のサービス業であり、ときには自らを犠牲にしても、主人のために尽くさなくてはならないのです。

執事として働くためには相応の知識や技能が求められるため、プロとして働く執事の多くは専門の養成機関を出ています。

専門の養成学校を卒業した後、求人のあるお屋敷に直接雇用されたり、執事を専門に派遣するサービス会社などに就職したりするのが一般的なようです。

執事の学校・学費

海外には専門の養成学校も

執事は、もともと英国発祥の職業であり、養成学校も英国を中心に、イギリス、オランダ、カナダ、アメリカ、オーストラリアなどの世界各国に存在します。

現在のところ、日本で専門的に執事を養成する学校はなく、もし養成学校できちんと学びたいと思う場合には、留学を検討する必要があります。

年齢はあまり関係なく、若ければ18歳程度から、上になると60代の人でも執事を目指しているようです。

こうした養成学校には求人も多く集まるため、世界で通用する執事になりたいのであれば留学を検討するのもよいでしょう。

執事の資格・試験の難易度

特別な資格は必要なし

執事になるために特別な資格は必要ありません。

ただし、ホスピタリティやサービス、清掃など執事の仕事に関わる資格は多く存在しています。

執事として活躍したい、自分の強みをアピールしたいという方は、チャレンジすることをおすすめします。

また、執事の仕事に関係する知識を学ぶ方法として、ホテルや観光系の専門学校などに通うという方法もあります。

ホスピタリティやサービスに関わることを身に付けられるほか、資格取得も積極的に行っていますので、国内で執事を目指したいという方は検討してみてもよいでしょう。

執事の給料・年収

使用人としては高額な収入が得られる

執事の給料は、その人の執事としての能力や、経験、またお客さまからの信頼度によって大きく異なります。

使用人として働く人は大勢いますが、なかでも執事は求められる能力が高く業務内容も多岐にわたるため、得られる収入は比較的高額となり、ベテランになればなるほど高額な収入を得られる傾向もあります。

日本国内にも執事サービスを提供する企業がありますが、能力や経験などによって給料が変わってきます。

勤務実績が良かったり、お客さまから認められたりするようになると、ボーナスが支給されることもあります。

執事のやりがい、楽しさ

主人のパートナーとして

執事は、富裕層のお客さまを相手にするために、高いレベルの教養やマナーなどが求められます。

時間をかけて地道に主人と強い信頼関係を築き上げながら、食事の好みやこだわり・生活スタイル・人間関係など、あらゆることを熟知した存在を目指さなくてはなりません。

主人も自分をわかってくれる執事には全幅の信頼を寄せるようになりますし、そうなるともはや家族のようになくてはならないパートナーとなります。

こうした信頼を得られるように、執事は日々仕事を頑張っているのです。

執事のつらいこと、大変なこと

常に完璧を求められる

常に完璧を求められ、さらにプラスアルファのサービスを求められるのが執事の仕事です。

人はそれぞれさまざまな価値観や嗜好を持っているため、何が正解なのかも異なります。

その場の状況や主人の気分によって、執事に求める対応も変わってくるため、マニュアル通りの仕事では執事は務まりません。

常に主人のことを考え、臨機応変な対応を求められながら、完璧なサービスを目指さなくてはならないと思うと、相当大変な仕事だということがわかるでしょう。

執事に向いている人・適性

相手のことを一番に考えられる人

執事の仕事では、相手のことをまず一番に考えなくてはなりません。

執事は主人のどのような依頼に対しても、サービスを考えなくてはなりません。

叶えられない要望であれば代案を提案するなど、常にプラスアルファの要素を提供できなければ、信頼を損ねてしまい仕事を辞めさせられることもあります。

ときには自らを犠牲にしてでも、主人のために尽くせるような人、忠誠心の強い人でなければ、この仕事を続けていくことは難しいでしょう。

執事志望動機・目指すきっかけ

究極のサービス業を目指して

執事を目指す人で多いのが「究極のサービス業に就きたい」という志望動機です。

執事は、もともとサービス業に関わっていた人が転職を目指すことも多いといわれています。

不特定多数のお客さまにサービスを提供するよりも、一人のお客さまに対して徹底的に尽くし、喜んでいただきたいという強い忠誠心を発揮できる執事という仕事を目指したという人も少なくありません。

サービスの手ごたえが得やすい仕事であること、また信頼されればその分収入にも跳ね返ってくる点に魅力を感じ、執事になりたいと思う人も多いようです。

執事の雇用形態・働き方

直接雇用か派遣サービスか

執事には、主人に直接雇用されるケースと、執事を派遣する会社に所属して働くケースの2つの雇用形態があります。

主人に直接雇用されるケースは、お屋敷と直接契約を結び、給与は主人の裁量により、住み込みで常駐し働く場合がほとんどです。

執事を派遣する会社に所属して働くケースは、時間や仕事量により会社から規定された給与をもらいます。

この場合は、複数の主人を担当したり、さまざまな現場をかけもちで働いたりする場合もあります。

執事の勤務時間・休日・生活

主人の要望に合わせて働く

お客さまの家庭で働く執事の勤務時間は、一般的なサラリーマンように明確に決められているわけではありません。

執事の場合、主人の要望に沿って働くため1日に数時間だけ出勤して仕事をすることもあれば、24時間ほぼ付きっ切りという形で過ごすこともあるなど、場合によってさまざまです。

休日に関しても、主人のスケジュールに合わせてとります。

ただし、執事は主人と生活を共にしている人が多いため、仕事とプライベートの線引きが難しい仕事でもあります。

執事の求人・就職状況・需要

未経験者採用は難しい

執事の雇用形態はさまざまですが、日本には執事サービスを提供する会社や、お客さまのリクエストを受けて執事をコーディネートするような会社があり、それらに応募して採用されることによって、執事の仕事ができるようになります。

「人に仕える」という特殊な職業であることから、高いレベルのサービス力やホスピタリティ精神、一般常識などを兼ね備えていることが必要となるため、未経験者がいきなり執事になりたいと思っても、なかなか採用されることは難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

執事の転職状況・未経験採用

実力がものを言う世界

執事の仕事は経験がものをいうため、サービス業やホスピタリティが必要とされる仕事から転職する人も少なくありません。

執事は圧倒的な信頼を寄せられるようになれば、長期にわたって雇用契約を結んでもらうこともありますが、ひとたび信頼を失えば、わずか数ヵ月程度で切られてしまう可能性もあります。

そのため、信頼も含めて実力をつけることが何よりも大事であり、実績を積み上げていけば、サービス業のプロとしてさらにステップアップすることができるでしょう。

執事の現状と将来性・今後の見通し

活躍の場がさらに広がる

執事は、お客さまとの信頼関係が何よりも大切であり、またお客さまごとに異なる要望に確実に応えていく臨機応変なサービスを提供するため、誰しもが一朝一夕でできる仕事ではありません。

日本ではまだなじみは少ないですが、執事を必要とする人は少なからず存在するため、執事はこの先も一定の需要があり続けるビジネスだといえるでしょう。

近年はラグジュアリーホテルや高級マンションなどでも必要とされ、また宗教上の理由などで女性の執事にも需要があることから、活躍の場はさらに広がると考えられています。