カジノディーラーの求人状況・未経験採用はある?

カジノディーラーの就職先にはどんなところがある?

カジノディーラーになりたいと考える場合、活躍の場は、基本的に海外になります。

現状、日本ではお金をかけて楽しむカジノは合法ではありません。

そのため、日本国内で働くことを考えると、どうしてもアミューズメントカジノ、いわゆる娯楽施設での勤務が中心となります。

アミューズメントカジノは、あくまでも「カジノの雰囲気を楽しめる場所」であり、ラスベガスのカジノのように実際にギャンブルを行うことは認められていません。

もちろん、そのような施設でも、ディーラーとして働く人はカジノゲームをうまく進行させたり、ゲストに楽しんでもらうためのサービスを提供したりすることができます。

しかしながら、カジノの醍醐味である「お金をかける」ということができない分、本場と同じような雰囲気や緊張感を味わいながら働きたいという人にとっては、物足りなさを感じるでしょう。

カジノディーラーの求人の状況

カジノディーラーは、現状、お金をかけるカジノが合法化されていない日本国内ではほとんど需要がありません。

しかし、海外では一般的な職業のひとつとして認知されており、需要も高いです。

カジノで有名なアメリカ・ラスベガスには、200以上ものカジノが点在しており、そのほか、オーストラリア、香港、韓国、モナコなど、カジノが合法になっている国ではたくさんのディーラーが活躍しています。

カジノディーラーの就職先の選び方

本格的なカジノで働きたい場合は、海外に出ることを視野にいれなくてはなりません。

日本国内でカジノディーラーとして働きたいという人もいるでしょうが、まだ日本ではカジノ解禁になっていないため、残念ながら本場と同様にお金をかけるカジノで働く道はありません。

とはいえ、日本にもカジノの雰囲気を模擬的に楽しめるアミューズメントカジノ施設は存在しており、そこではカジノディーラーとして身につけたスキルを発揮することができます。

アミューズメントカジノの場合、さほど経験やスキルを問わない施設も少なくありません。

また、国内外のクルージングをする豪華客船であればカジノを備えていることが多く、そこでの求人もあります。

まずは海外で働きたいか、それとも国内かを考える必要があるでしょう。

カジノディーラーの志望動機・面接

代表的な志望動機

カジノディーラーの志望動機として代表的なものは、「カジノのゲームに興味がある」「人を楽しませる仕事に就きたい」というものです。

何かのきっかけでカードゲームやルーレットに興味を持ったり、洋画などを通じてカジノという空間に憧れを抱いたりして、そこで働くディーラーになりたいと考える人が多いです。

また、カジノディーラーはエンターテインメント性が強い仕事であるため、そうした世界で過ごすことでたくさんの人を楽しませたいという気持ちから、この職業を志す人もいます。

実際、サービス精神やホスピタリティも、カジノディーラーにとっては欠かせないもののひとつです。

海外のカジノでは、ディーラーとしての基本的な技術を備えていることは必須とみなされますが、志望動機についてもしっかりと考えておくことが大切です。

カジノディーラーの面接

ラスベガスなど海外のカジノの一部では、ディーラーの採用試験として「オーディション」が行われることがあります。

そこでは、実際にゲストの前でディーラーとして動き、その立ち居振る舞いやゲームを進行させる様子などから力量が判断されます。

加えて対面での面接試験を行うこともありますが、技能を重視するカジノは多いようです。

こうしたことから、実務経験者や、ディーラー養成スクールである程度のことを身につけている人でなくては、なかなかオーディションに合格するのは難しくなっているのが現状です。

一方、国内のアミューズメントカジノ(模擬カジノ)の場合、未経験者であっても意欲的であれば、積極的に採用しようと考える企業は少なくありません。

ただし、その場合もお客様と接する仕事であることには変わりはなく、サービス業に携わる立場としてふさわしい人材であるか、明るく元気な応対ができるかなど、人間性については強く問われます。

就職先はどのように探したらいい?

日本人であっても、カジノディーラー養成学校を卒業した人の一部は、そのまま海外へ渡り、現地でディーラーとしての働き口を探しています。

あるいは、海外の学校(カレッジなど)へ留学し、さらにカジノに関する知識・技術を深めてから仕事を探す人もいます。

海外求人に応募する場合、カジノディーラーとしてのスキルを備えていることはもちろん、言語や文化の壁、ワーキングビザあるいは永住権の取得といったハードルもクリアしなくてはなりません。

しかし本当に海外で働きたいという強い意志があれば、本場のカジノで働くディーラーを目指すことは十分に可能です。

日本では求人数がそこまで多くない分、情報を探すのが大変かもしれませんが、カジノディーラー養成学校では就職先に関する情報提供やさまざまなサポートも行っているようです。

未経験からの採用・転職状況は?

日本ではカジノディーラーという職業があまり確立していないことから、この仕事に就きたいという人のほとんどが未経験であるはずです。

未経験者がカジノディーラーとして働きたいのであれば、まずはカジノゲームのルールに関する知識と技術を備える必要があります。

独学で学ぶのは難しいため、民間のカジノディーラー養成学校で学ぶことが近道となるでしょう。

養成学校卒業後は、そのまま海外へ渡って現地で仕事を見つけるか、現地のカレッジなどで再びカジノについて学んでから職に就くのが一般的です。

本場のカジノで働く場合、まったくの未経験者が採用される可能性は、ほぼゼロに近い一方、日本のアミューズメントカジノでは、未経験者であっても積極的に採用しているところが多くあります。

カジノディーラーという職業はどのようなものかを理解するために、まずはそのような場で働くことを検討してみてもいいかもしれません。