カジノディーラーの需要・現状と将来性

カジノディーラーの現状

現在、日本ではカジノは合法とされていないため、カジノディーラーが日本国内で働くことはできません(ただし、模擬カジノ、アミューズメントカジノなどで働くことは可能です)。

しかし、近年ニュースなどでもしばしば話題に上っているように、カジノ解禁に向けた議論は国会で引き続き進められており、もしかすると近い将来、日本でもカジノが誕生する可能性はあります。

今のところ、カジノディーラーは日本においてそこまで認知度が高い職業ではありませんが、もし日本にカジノができるとなれば、国内での需要は一気に高まっていくでしょう。

カジノディーラーに興味がある人は、今後のカジノ法案に関する動きをよく追っておいたほうがよいでしょう。

カジノディーラーの需要

現在の日本では、カジノディーラーになるのであれば、海外で働くことを考えざるを得ません。

欧米諸国などではカジノは昔から人々の娯楽のひとつとして定着しており、カジノディーラーとして働く人もたくさんいます。

カジノは基本的に24時間営業であり、さらにカジノディーラーは一つのゲームテーブルに3~4人は必要といわれているため、規模の大きなカジノでは相当数のディーラーが必要です。

海外においては、サービス業の一種として一般的な職業のひとつとなっており、最近では、とくにアジアでの需要が高まっています。

日本のカジノディーラー養成学校への入学希望者も増えつつあり、もし日本にカジノができればこの職業の将来性は一気に高まるでしょう。

また、カジノディーラーとして見ず知らずの土地でも働く強い意志があれば、海外で仕事を見つけることは十分可能だといえるでしょう。

カジノディーラーの将来性

海外では「手に職をつける」という意味からもカジノディーラーは認知されており、非常に人気の高い仕事です。

一般的なカジノでは、集中力を切らさないために1時間のうちに20分ほどの休憩があり、ほかのサービス業に比べると肉体的には楽だといえます。

またディーラーにはランクアップシステムがあります。

ディーラー部門だけでも、フロアー、ピットマネージャー、シフトマネージャー、ゲーミングマネージャーと階級があり、テクニックを身に付けていくほど階級が上がって行きます。

ピット(ディーラー管理職)ともなると年収1,000万円ほどとなり、さらにチップがあるためかなりの高収入が見込めます。

今後は日本を含めたアジアでの需要が高まっていくにつれ、カジノディーラーの需要も増えていくと考えられ、将来性も十分あるといえるでしょう。

カジノディーラーの今後の活躍の場

ニューヨークにある『リゾートワールド・カジノ・ニューヨークシティ』では、人間のディーラーが一人もいない、オートマティックのカジノです。

トランプをはじめとしたゲームも全てデジタルのタブレット上で行われ、完全デジタルで楽しめると人気を集めています。

このようにAIが進み、デジタルでカジノを楽しむ人が増えれば、カジノディーラーの需要も減っていくかもしれません。

もちろん、人間のディーラーが完全にいなくなることは考えられませんが、今後はこうしたカジノが増えていくということも考えておいた方がよいでしょう。