執事への転職・未経験からなるには?

執事への転職状況は?

執事になる際には、ほとんどの場合が社会人としての就業経験が必要です。

執事として働く際には、英語力をはじめ、社会人としての教養やマナー、さらにホスピタリティやコミュニケーション能力も求められます。

そのため社会人として企業での実務経験が必須で、新卒で採用されることはほとんどありません。

しかし、社会人経験があればすぐ執事として就職できるとは限りません。

まずは高級ホテルや豪華客船でコンシェルジュなどとしてサービスの経験を積み、基礎を身に付けたところで執事を目指し転職する人が多いようです。

執事への転職の志望動機で多いものは?

執事へ転職する理由としては、よりよいサービスを提供したい、より一人の人にしっかりと奉仕したいという考えが多いようです。

ホテルやリゾートなどで働いて、最高級のサービスを身につけていたとしても、お客さまにサービスするのはたいてい数日と短い期間のみです。

そのため大勢のお客さまではなく、一人のお客さまとじっくり向き合いサービスを提供したいと考えるようになる人が多いようです。

また、執事として仕えるようになると、自分の実力が認められ高い給料を得られるようになるため、よりよい待遇や環境で働きたいとこの仕事を目指す人も多いようです。

未経験・社会人から執事になるには

まったくの未経験者がいきなり執事になりたいと思っても、なかなか採用されることは難しいのが実情です。

執事のサービスを利用するようなお客さまは、一般家庭とは異なる高いレベルでの教養や人間性が求められ、必然と執事自身にもそれが求められます。

執事として働く際には、雰囲気や、立ち居振る舞い、言葉遣いなどまで厳しくチェックされるため、あらかじめサービス業などでこうしたことを身に付けておく必要があります。

主に観光業などで富裕層や資産家などにサービスする仕事につき、経験を積んでから転職を目指す人が多いようです。

執事への転職に必要な資格・有利な資格

執事になるために必要な資格はとくにありません。

教養やマナーなどに関連した資格を取得する人も多いようですが、こうしたものは一朝一夕で身に付くものではありません。

たとえ資格があったとしても、自分を日頃から律してそれを体現するようにしなくてはならないでしょう。

なお、執事になるために特別な年齢制限はなく、18歳以上から60歳ごろまで志望する人がいるようです。

執事への転職に役立つ職務経験は?

執事への転職の際に役立つ職務経験は、サービス業での経験です。

特に富裕層や資産家が利用するような、高級ホテルやリゾート、客船などでの勤務経験があれば、そのまま生かすことができるでしょう。

また実際に仕事をする上では、掃除や洗濯、食事の支度などの家事を取り仕切ることもあるため、ハウスキーパーなどの経験も生かすことができるでしょう。

執事への転職面接で気をつけるべきことは?

執事になるための面接では、これまでの職歴や経験だけではなく、その人の持つ雰囲気や受け答えの様子、また身だしなみなど非常に細かいところまでチェックされます。

一般的な職業に転職する際よりも厳しい面接になることを考え、しっかりと準備をしておくことが大切です。