探偵に向いている人・適性・必要なスキル

探偵に向いている性格・適性

コミュニケーション能力

探偵は調査でも多くの人々に会う仕事です。

聞き込みなどで情報を得ることもありますし、チームプレイで問題を解決することもあるためコミュニケーション能力が必要です。

たとえ怪しまれたり不審な人物だと誤解を受けたりしたときでも、社交性とコミュニケーション能力があれば、相手からも信頼されるでしょう。

集中力がある

探偵は長時間の尾行や張り込みをしたり、長期間にわたる調査を根気よく行ったりするなど集中力がなくてはできない業務も多くあります。

集中力が途切れないように気分転換をしたり、気持ちの切り替えがうまかったりする人も探偵に向いているといえます。

コツコツと努力ができる

探偵は地道な調査の繰り返しです。

たとえ結果が出ない場合でも、毎日繰り返し調査を続けなければなりません。

地味な調査もこつこつと続けることができ、日々努力を重ねることが大切です。

探偵になるには

探偵に必要なスキル・能力

体力

探偵は調査業のため、長時間の尾行や待機をします。

冬の寒い時や夏の酷暑にも負けず屋外で待機したり、予想外の動きに長時間動かなければならなかったりするときもあります。

調査相手によっては真夜中や早朝から動くこともあるため、機敏に行動しなくてはなりません。

結果が出るまで尾行を続けたり、調査のための重たい機材を運んだりすることもあるため、体力仕事であるのは想像がつくでしょう。

観察力・洞察力

観察力や洞察力のある探偵は、些細な動きや少しの変化にも気が付くことができるため、問題の解決に導きやすくなります。

また、相手の警戒行動を見過ごさないことは、尾行や張り込みの基本です。

相手に気づかれないように高い観察力や洞察力を持つことが、探偵には求められます。

度胸

探偵の仕事では、場合によって人とトラブルになったり、ぶつかりあったりします。

好意を持たない相手とも渡り合う度胸も必要となり、調査によっては法律的なグレーゾーンに足を踏み入れなければならないケースもあります。

マニュアルどおりにやればいい仕事ではないため柔軟に動かねばなりませんし、ときには度胸も必要です。

探偵に向いていないのはどんな人?

探偵に向いていない人は、まず特殊な風貌の人があげられます。

相手にすぐ顔や見た目を覚えられてしまうような印象の強い人は、尾行や張り込みをする探偵としては不向きです。

相手にあまり印象を残さないような、できるだけ目立たず地味な風貌の人が求められます。

また、探偵はその場の状況や調査内容によって臨機応変に対応する仕事です。

マニュアル通りにいかないことも多いため、その場その場で最適な行動ができる人、上司や仲間任せにするのではなく、自分で最適な行動を判断することが求められます。

そのため、マニュアル通りの仕事がしたいという人やルーチンワークがしたいという人、自分のペースで仕事がしたいというには不向きな仕事でしょう。