占い師になるには

占い師になるまでの道のり

決まったルートはない

占い師になるための決まったルートはありません。

資格や学歴も問われないため、極端なことをいえば誰でもその日から占い師になることができます。

しかし、職業としてきちんと稼げる占い師になるためには、占術・話術ともにある程度の技術を習得する必要があり、弟子入りをしたり学校に通ったりして知識やスキルを身に付けます。

その後は、占い師を雇う事務所やプロダクションに所属したり、個人事業として占いを始めたりするのが一般的です。

感性を磨く

結果を見て型にはまった答えを出すことは誰にでもできますが、占い師として仕事をするには、そこから一歩踏み込んで相談者の心に触れる回答をしなければなりません。

そのために必要なのは、占いで出た結果を深く読み解くインスピレーションで、インスピレーションを磨くことは占い師になる上では欠かせません。

芸術や自然に触れたり、物事の内面をよく見るように心がけたりすることで、少しずつ感性は磨かれていくでしょう。

話術を磨く

占い師は相談者と接した時間分の料金をいただきます。

これが占い師の給料となりますが、この時に話をするのが下手な占い師は、いくら占いの腕がよくても給料が低くなります。

また、相談者にうまく内容が伝わらずに評判を下げてしまうこともあるでしょう。

そのため大切になるのが話術です。

相談者の心の内をうまく聞き出し、占いの結果を言葉にして適切に伝えるためには、相手を惹き付ける話術が必要となります。

人生経験を積む

占い師のアドバイスのなかには占い結果から導き出されるものもありますが、人生経験の中から出る具体的なものもあります。

占い結果を得たとしても、人生経験の少ない占い師の場合は内容をうまく把握することができず、アドバイスも上辺のものになりがちなため、相談者の身になるアドバイスをするためには、占い師自身の人生経験も重要です。

占い師を目指すなら仕事や恋愛・家庭など、公私問わずさまざまな経験を積んでおくとよいでしょう。

占い師の資格・難易度

占い師としての活動に必要な資格はとくにありません。

民間の占いに関する教室や学校では卒業時に修了証書や免状を発行しますが、これはあくまでも履修証明程度の扱いで、持っていなければ占い師になれないわけではありません。

ただし、東洋系の占いに関しては、古くから続く占い団体(流派)で勉強し、免状(免許皆伝の証書)を持っているかどうかが問われる場合もあります。

とはいっても、基本的に占い師は実力で勝負する職業で、たとえ資格を持っていても実力不足だと判断されれば、占い会社には採用されず顧客もつきません。

資格や免状は勉強したことの証明にはなりますが、それ以上の効力はないのが実情です。

占い師に資格は必要?

占い師になるための学校の種類

占術を身に付ける方法

占い師になるためには占術を身につけることが必要です。

占術を身につける方法には、大きく分けて「独学」「学校に通う」「プロの占い師に弟子入りする」「通信講座を利用する」の4つがありますが、独学で勉強した占い師は実践の場に出たときに非常に苦労することになります。

最近は占いの知識が豊富な相談者が増えており、インターネットを活用して、素人でもある程度の情報を集めやすくなっています。

そのため、プロとしての占い師を目指すなら、知識や技術を体系的に学ぶ場で勉強することをおすすめします。

占いの学校・スクール

最近では占いを教える学校・スクールや講座が増えており、さまざまな占いを効率よく学べるようになっています。

ただし、占いの学校は占い団体が開設しているものから個人が開く講座形式のスクールまで規模も内容もまちまちで、卒業しても学歴にはなりません。

学んだとしても必ずしも占い師として成功できるとは限らないため、基礎的なスキルを身につけた後、実践の場でどれだけ自分自身を高めていけるかが大切です。

たくさんの場数を踏むための弟子入り

一人前の占い師になりたいと願う人の中には、とにかくたくさんの現場での経験を積むことが大切だと考えている人もいるでしょう。

占いの場合、相談者によって悩んでいる内容は違うため、臨機応変に対応し誰もが満足できるような占いをするためには、とにかくたくさんの場数を踏むことが必要です。

より多くの現場に出て経験を積み重ねるために、ベテランの占い師のもとに弟子入りして修行するという方法があります。

有名な占い師に連絡をとって弟子入りを志願し、アシスタントとしてそばに置いてもらうのです。

弟子入りのメリット・デメリット

弟子入りをすれば、占い師の身の回りの世話から占い道具の手入れ、スケジュールの管理など、さまざまな雑務を任されることになります。

そのかわりに、占いをする際にそばで見せてもらうこともできますし、占いのコツやテクニックを伝授してもらえることもあります。

どんなお客さんが来てどんな相談をしていくのか、どんな占いをしてどんな反応が返ってくるかなどを自分の目で確かめることができることは、一人前の占い師になるための大きな糧となるでしょう。

弟子入りのデメリットとしては、たとえベテランの占い師であっても常に経済的な余裕があるという人は少なく、弟子に対して十分な待遇を保障できる人はそうそういないというのが現実です。

指導をするかわりに無給で働くことになるというケースも考えられるので、弟子入りを希望する場合は条件面に関してしっかりと話し合いをして納得した上で弟子になることが大切です。

また、弟子を取らない占い師も多くいますので、必ずしも弟子入りできるわけではないということは覚えておきましょう。

占い師になるためにはどんな学校や講座に行けばいい? 費用はどれくらい?

占い師に向いている人

占い師の適性のひとつとして「カンの鋭さ」があります。

これは霊感ではなく、直感やインスピレーションなど、いわゆる第六感が鋭い人のほうが占いの的中率を高められるといわれます。

そのほか、特別なスキルがないと占い師になれないと思われることがありますが、専門的な知識や技術は後からでも学べるため、それ以上に、常識的な考えを持っていること、そして相手の話をきちんと聞けるタイプの人が、占い師には向いています。

占い師に向いている人・適性・必要なスキル

占い師のキャリアプラン・キャリアパス

占い師のなかには特定の占い一本で仕事をする人もいますが、基本的には幾つかの占術(占いの技)が使えるほうが望ましく、仕事の幅も増えるといわれています。

占い師を採用する会社も、大手の場合は霊感だけに頼るのではなく、複数の占いができることを求めます。

これは、占い師としての中立性や的中率を高めるため、また一定期間勉強してきたという証として、複数の占いが使えることを求める傾向があるためです。

まずは自分の軸となる占術を身に付け、それから違う流派や占術へと裾野を広げていくことで、より占い師としても信頼されやすく活躍の場が増えるでしょう。

占い師を目指せる年齢は?

占い師は、定年がないため意欲と体力さえあれば何歳からでもなることができます。

占い師は人生経験が生かせる仕事で、ある程度年齢を重ねた占い師の方が相談者から信頼されやすいという傾向もあるため、他の職業のように年齢がハードルとなることは少ないでしょう。