執事に向いている人・適性・必要なスキル

執事に向いている性格・適性

お客さまを第一に考えらえる人

企業ではよく「お客さま第一主義」という言葉が使われますが、執事の仕事では、本当にこの言葉を体現しなくてはなりません。

執事を必要とする富裕層は、大変忙しく生活していることがほとんどで、24時間関係なく無茶難題な要望を伝えてくるかもしれません。

しかし、執事はどのような依頼に対しても拒否してはならないのです。

どうしても叶えられない要望であれば、不満に思われないような代案を提案するなど、常に100%を超える120%のサービスを提供できなければ、「この執事に価値はない」と思われてしまうこともあります。

ときには自らを犠牲にしてでも、主人のために尽くせるような人、忠誠心の強い人でなければ、この仕事を続けていくとストレスが溜まってしまうばかりになるでしょう。

秘密が守れる人

執事が仕えるお客さまは、莫大な資産を持っていたり、VIP扱いされるような社会的地位の高い方であったりする場合があります。

世の中に対する影響力が大きく、まだ公にはできないような機密事項をたくさん抱えていることもあります。

執事は、仕事をするなかでさまざまな情報を入手することがありますが、それを勝手に他言することは決して許されません。

口が堅く、秘密を必ず守れるような人が、この仕事には向いていますし、それができることによってお客さまからの信頼は積み上がっていくのです。

執事になるには

執事に必要なスキル・能力

社会経験がある人

執事は特別な資格が求められることはありませんが、その一方で、誰でも簡単になれるわけでもない職業です。

富裕層の生活や考え方は、一般の人々とはかけ離れたものとなります。

これらの方に仕え、最高のサービスを提供するためには、それなりの社会経験と高いレベルでの一般常識やマナーなどが求められます。

ラグジュアリーホテルや社長秘書などを経験した人、また自らも上流といわれるような家庭で育った人がこの仕事に就くケースが多いようです。

柔軟性のある人

執事は、家の管理から外部とのコミュニケーション、お客さまの家族のケアなどまで、実にさまざまな仕事をこなしています。

お客さまのあらゆるニーズに最高レベルで応えられるようになるためには、何よりも柔軟性が求められ、すぐ頑固になってしまうような人は、執事の仕事はとても務まりません。

その場の状況に臨機応変に対応できるような人が、執事には向いているといえます。

執事に向いていないのはどんな人?

英語の必要性

執事として働くためには一定以上の英語力が必要とされ、英語が堪能でなければ執事に貼るのは難しいといわれています。

日本国内で働く場合「TOEIC700点」程度を基準とされるケースが多く、英語力はあればあるほど優遇される傾向にあるようです。

実際に執事が働くうえで、英語が必要となる場面は多々あります。

たとえば、富裕層のお客さまは、日本人であっても世界のVIPとも交流を持っているケースが多く、日本にVIPを招いた際には、執事も相手とコミュニケーションをとらなくてはなりません。

また、自分が仕えるお客さまが海外旅行をする際に、同伴してさまざまなサポートをすることもあります。

さらに、執事は海外から日本に赴任中の外国人宅でのお手伝いをすることもあり、日常のコミュニケーションもすべて英語となることが珍しくありません。

執事養成学校の授業は英語が基本

現在、日本で執事の養成を目的とした学校は存在しないため、もし学校で専門的に学びたい場合には、海外の執事養成学校に通う必要があります。

執事養成学校は、執事発祥の地であるイギリスのほか、オランダ、カナダ、アメリカ、オーストラリアなど各地にありますが、これらには世界各国からの留学生が集っているため、基本的に授業は英語で行われます。

そのため、英語力がゼロという状態では、授業についていくのも難しいでしょう。

執事に必要とされる綺麗な英語は学校で身に付けるとしても、語彙力、ヒアリング力などは、自分自身で少しでも英語力を高めておく必要があります。