占い師の仕事内容

占い師の仕事とは

占い師の仕事内容は、占いに訪れた相談者の話を聞き、問題点を探り、未来を占い、相談者の抱えている悩みを解決に導くことです。

問題に対する専門的な知識が必要になることもあれば、開運法や行動指針など状況を改善するアドバイスをすることもあります。

占い師の業務の内容

占い師が占う環境には、主に「対面」「電話」「ネット」「メール」の4種類があります。

対面占いの場合、相談者は事前に質問内容を整理している場合が多いため、占い師の仕事は「占い」そのものと「問題に対するアドバイス」が中心となります。

電話占いの場合は、占い師は相談者の顔を見ずに電話で話をしながら占います。

顔を見せないで話せるということ、思い立ったらすぐに相談できるということから、電話占いの場合は相談内容が漠然としていることも多く、占いの結果を伝えるよりは「相談者の求める答えを探り、願望成就の手助けをする」といった要素が強くなります。

また、相談者の状態によっては、カウンセリング的な要素が求められることもあります。

ネット占い(Webカメラ・マイクを使った占い)は、位置づけとしては電話と対面の中間になり、この場合、占い師の仕事は相談者の悩みに答えを出し、良い方向に導くことが主な仕事です。

メール占いの場合は、相談者が内容を絞っていることが多いため、相談内容に対してのみの答えとなります。

相談内容はさまざまですが、内容が複雑なもの、悩みが深いものが多いため、占いそのものの結果も大切ですが適切な言葉遣いをしたり気持ちに寄り添ったりすることで相手を思いやれることが必要です。

占い師の役割

占い師の多様な役割

占い師の役割は相談者の抱える悩みを解決することです。

近年は電話占いやネット占いの普及により、ただの話し相手や愚痴聞き相手といった役割を求める人もおり、占い師には「占い」だけでなく「カウンセリング」や「話を聞くこと」が求められるようになっています。

相談者の求めるもの

相談者にとって「良い占い師」とは、人生の先輩、良きアドバイザーとして相談者の気持ちを肯定し、行動を後押ししてくれる存在です。

そのため占い師は、相談者の話を聞きながら、ときに最善の策を占い、相談者の望む未来に近づくためにはどうすればいいのかをアドバイスします。

冷静さと客観性

占い師に必要なものは冷静な視点と客観的な価値観です。

相談者の心を開き、親しみを持ってもらうことは大切ですが、占い師自身が相談者に過度の肩入れをすることは望ましくありません。

占い師も人間ですから、思い入れが強くなると判断力が鈍ることがあり、正しい答えが導き出せません。

常に中立的立場、冷静な判断力を崩さないことが求められます。

時には厳しい指摘も

占い師は相談者にとって良いことばかりをいっていてはいけません。

たとえ耳に痛い内容でも注意忠告がきっちりとできないと結果的に信用を失ってしまいかねないため、ときには相手にとって厳しいことでもはっきりと伝えることが必要となります。

占い師の勤務先の種類

占い師の働き方は人によって異なります。

相談者と直接話をする対面式のショップで占いをしている人もいれば、お互いに顔を見ずに電話やメールで相談を受ける形で自宅や事務所で占いをしている人もいます。

いずれの場合でも、一般的な会社員のように「就職」という考え方ではなく、個人事業主として仕事をする人が多く、勤務場所や時間、休日もそれぞれのスタイルで働いています。

実力や人気さえあれば、自分の身ひとつでさまざまな場所で占いをすることができ、普段は自宅で占いをし、イベントの際には依頼を受けてブースを出展するような働き方をする人もいます。

占い師の仕事の流れ

占いの流れ

占い師のもとに訪れる相談者は、深い悩みを抱えた人ばかりです。

中には精神的に追い詰められている人もいて、そういう人にはデリケートな対応が必要です。

そのため占い師は、言葉尻や口調・表情・身振りなどすべてを使って相談者の警戒心を癒し、ときにはカウンセリングも交えながら話を聞き出します。

そして、自分の得意とする占いで、相手の悩みに対し適切なアドバイスを与えます。

占いには姓名判断や六星占術、手相やタロットカードなどさまざまな種類があり、占いの方法は占い師によって異なります。

主な相談内容

占い師のもとに来る相談の多くは恋愛問題です。

とくに最近は不倫や略奪愛・失恋・復縁の相談が多いといわれます。

ただ、対面占いの場合は恋愛問題以外にも相談内容は幅広く、金銭問題や事業の問題・仕事の相談・子供の名付け・土地の購入や家の新築・家相・家族の病気など内容もさまざまです。