マジシャンのやりがい・楽しさ・魅力

マジシャンのやりがい・楽しさ

人を楽しませる仕事

マジシャンがマジックをする最大のやりがいは「人々を楽しませられること」です。

マジックを見ている間、お客さんはその不思議な空間に引き込まれます。

トランプの数や模様を言い当てられたり、目の前から人が消えたりと思いがけないことが起きたとき、驚いたり笑ったり、謎を解明しようとして悩んだりしながら、どんどんマジックの世界に夢中になっていきます。

ほんの一瞬現実を忘れ、楽しい時間を過ごしてもらえることは、マジシャンのやりがいの1つです。

ステージを見終わったあと笑顔で帰っていくお客さんを見ることは、マジシャンにとって何よりの喜びとなるでしょう。

マジックの魅力を伝える

お年寄りが生活しているグループホームや、子どもたちが入院している病院などに慰問することも少なくありません。

ふだんエンターテインメントから離れている人たちにとっては、マジックは非常に魅力的で「来てくれて良かった」「元気を分けてもらった」と感謝されることも多くあります。

ときにはマジックショーを見たことがきっかけとなり、自分もマジックを始めたという人と出会うこともあります。

多くの人にもっと喜んでもらいたい、マジックの楽しさや魅力を知ってほしいという思いが、マジシャンにとって新たなマジックに挑戦する原動力となっています。

自分だけのマジックを追い求める

マジシャンをめざす人であれば、誰もが一度は「自分だけのマジックを創りたい」と考えます。

他のマジシャンには絶対に真似できないような、独創的で驚きや感動に満ち溢れたマジックを編み出すことは、マジシャンにとって何よりも魅力的です。

新たなマジックの開発には何年、何十年と時間がかかることも珍しくありません。

それでも苦労の甲斐あってオリジナルのマジックができあがり、お客さんを思いきり喜ばせることができたときには、すべての苦労が報われるような達成感と快感を得ることができます。

マジシャンの仕事内容

マジシャンの魅力

感動を追い求める仕事

マジシャンという職業は、子どものころに感じた「ワクワク」や「ドキドキ」を大人になっても感じ続けることができる職業です。

新しいマジックを考え出すため、頭の中では常にたくさんのアイデアを持っていますし、マジックを通して観客をびっくりさせたい、ワクワクドキドキさせたいということをいつも追い求めています。

お客さまをマジックで感動させ、拍手喝采で送りだされる瞬間には、たとえようのないほどの喜びにも包まれます。

こうしたいつも感動と隣り合わせの仕事ができることは、マジックをはじめとしたエンターテインメントに関わる人だけです。

自由度の高い仕事

マジシャンは比較的自由度の高い仕事です。

毎日同じ時間に出勤し、夜帰宅する一般的なサラリーマンの生活と比べると、マジシャンの人たちは特殊な勤務スタイルとなります。

単発の仕事が多いため毎日定時に出勤するということはまずありませんし、休憩も基本的には自分の都合でとることができます。

スーツや制服もなく、組織に所属していないため、自分の裁量でスケジュールを組み、自分の都合で休みを取り、自分の好きなパフォーマンスを行うことができるのです。

大人になっても枠にとらわれずに自由に生活を送りたい、マジックとともに生きていきたいという人にとっては、とても魅力的な生活を送ることができる職業といえるでしょう。