占い師の需要・現状と将来性

占い師の現状

アマチュアやセミプロ占い師の増加

現在は書籍やインターネットなどで簡単に占いの情報を得ることができるようになったこともあり、アマチュアからプロまで数多くの占い師が存在しています。

とくにアマチュアからセミプロの占い師は激増し、その位置づけもあいまいです。

なかにはネットやSNSを使い、独自で占いを行う占い師も増えています。

占い師として生計を立てるには、事務所に所属するか個人事務所(個人サイト含む)を開業する形が一般的ですが、副業や趣味として占いをする人もいます。

収入は不安定

事務所に所属する場合、占い師の収入は時給や月給ではなく請け負った金額の何割かが占い師本人の懐に入る形となります。

個人で仕事をする場合は売り上げがすべて自分の収入となりますが、仕事を始めたからといってすぐに多くの相談者が来るわけではありません。

基本的に収入は不安定で、安定的に活動するには実績を積み重ねて相談者の信頼を得る必要があります。

そのため、人気がある占い師ほど収入が多く、人気のない占い師はほとんど稼げないという状態になることを知っておきましょう。

占い師の需要

占い師は業界全体としては需要が高く、常に求人募集が出ているような状態です。

特に事務所に所属する場合、給与システムが、仕事をした分だけ報酬を支払う「完全出来高制」であり、固定給を支払う必要がないため、会社として相談者のニーズに合わせて柔軟に対応できるよう多数の占い師を在籍させておく方がメリットは大きいのです。

ただし、事務所に在籍できたからといってすぐに仕事があるというわけではありません。

在籍はしているものの、ほとんど仕事がなく、開店休業状態の占い師も多くいるようです。

事務所に所属するにしろ、個人で占い師をするにしろ、相談者から信頼を得られリピーターを増やすことができるよう努力をしなければ、占い師として収入を得ることは難しいでしょう。

占い師の将来性

人の悩みを聞く仕事として、占い師の仕事は今後もなくなることはないでしょう。

しかし、占いサービスの多様化や占い師の増加により、一人の占い師が稼げる金額は以前よりも減っているといわれています。

また、相談者からの依頼があってはじめて成立する仕事のため、収入は不安定になりがちです。

そのため近年では、事務所に所属するだけでなく個人サイトを立ち上げる占い師や、対面占いとインターネット占いの両方を掛け持ちする占い師、普段はアルバイトや副業をする占い師、専業を別に持つ占い師など、特定の占いの仕事だけに頼らない多様な働き方をする占い師が増えてきています。

占い師の今後の活躍の場

これまでのような対面での占いがなくなることはないと考えられますが、インターネットやSNSが普及するにつれて、どこにいても手軽にできる占いは今後増えていくと考えられます。

占いのショップを開くのではなく、コワーキングスペースや店舗の空きスペースを利用した占いなど、占い師側もより手軽に出店できるような機会が増えていくでしょう。

また、占いの種類や仕方によっては企業やイベントとコラボレーションし、風水による不動産仲介やアパレル・雑貨店とのタイアップなど、自分の考え方や努力次第で新しいどんどん働き方や活躍の場を増やしていける仕事です。