女性のマジシャンのキャリアパス・結婚後の生活

女性のマジシャンの現状

昔はマジシャンというと男性の活躍が目立ち、「女性はステージのアシスタント」というイメージがありましたが、最近では女性のマジシャンも増えてきています。

なかにはマジックのスキルだけでなく、見た目の華やかさやスタイルのよさなどからアイドルのような活動をしている人もいます。

女性マジシャンはまだ少なく、工夫次第では今後活躍の場がより広がっていくと考えられます。

女性マジシャンの活躍の機会が増え、メディアなどに露出する機会が増えれば、さらにマジシャン全体における女性の割合も増えていくでしょう。

女性のマジシャンの強み・弱み

女性マジシャンがステージをする場合、ヘアメイクや衣装で華やかさを演出することもできますし、お客さまとのトークや営業で女性ならではの細やかな気配りを発揮することもできます。

何よりも、女性のマジシャンはまだ珍しいことから、お客さまにも営業先にも強く印象づけることができるのがひとつの強みといえます。

男性マジシャンに比べると同業のライバルが少ないため、一度信頼や人気を得ることができれば、より仕事を獲得しやすくなるでしょう。

マジシャンの結婚後の働き方・雇用形態

たいていの場合、マジシャンは企業に正社員として雇ってもらえるわけではないので、福利厚生には期待できないのがネックです。

多くの企業で産休や育休の制度が整い、結婚や出産を経ても働き続けることができる女性が増えてきましたが、マジシャンの場合はこうした休暇制度が利用できる待遇ではありません。

出産に伴う離職期間をどうやって乗り越えるのか、現場復帰の段取りをどうやってつけるのかなど、自分自身の責任と判断で考えなければいけない部分が多いことに注意が必要です。

マジシャンは子育てしながら働ける?

マジシャンの仕事は単発の契約が多く、一回のステージごとに報酬が発生するのが一般的です。

家事や育児とマジシャンの仕事を両立させたい女性の場合は、「週末のショーだけ」「月に数回限定」と決めて、自分のペースで仕事を引き受けるという道もあります。

家庭と両立しながら適度なペースで好きな仕事を続けていけることは女性マジシャンにとって大きなやりがいになりますし、収入が増えることもメリットになります。

他の職業よりも比較的自由度の高い仕事マジシャンの仕事は工夫次第で両立することができるといえるでしょう。

マジシャンは女性が一生働ける仕事?

マジシャンは一般的な職業のように、毎日出勤し決まった時間働くという仕事の仕方ではないため、家庭生活と両立させたい女性にも働きやすいといえるでしょう。

その一方で、収入が不安定となりやすかったり、仕事量の増減が激しかったりするデメリットもあるため、安定して収入を得たいという人は注意が必要です。

結婚や育児を経験したことで、子ども向けのマジック教室を開いたり、幼稚園や学校などでマジックを披露したりするなど、工夫次第では仕事の幅を広げることもできます。