執事のやりがい・楽しさ・魅力

執事のやりがい・楽しさ

感謝される仕事

執事として働く一番の魅力は、人に感謝される仕事である点です。

執事は、誰にでもできる仕事ではありません。

富裕層のお客さまを相手にするために、高いレベルの教養やマナーなどが求められます。

一般家庭で家事をする場合は、当たり前の作業となってしまい、感謝の言葉をもらえないこともままありますが、執事となって家事をした場合は、毎回「ありがとう」と感謝してもらうことができます。

家族やパートナーとして

執事は生活に密着した仕事なので、相手の役に立っているという実感が得られること、お客さまと親密な関係を築けることも魅力のひとつです。

執事は時間をかけて地道にお客さまと強い信頼関係を築き上げながら、お客さまの食事の好み、こだわり、生活スタイル、人間関係など、あらゆることを熟知した存在を目指さなくてはなりません。

お客さまとなる主人の立場としても、自分をわかってくれる執事には全幅の信頼を寄せるようになりますし、もはや家族のようになくてはならない存在となります。

「あなたに仕事を任せたい」「あなたにお願いしたい」と言われることは、執事にとって最高級の喜びといえます。

こうした信頼関係や絆を大切にしながら、執事は日々仕事を頑張っているのです。

執事の仕事内容

執事の魅力

教養やマナーが身につく

執事の仕事をする上では、最上級のサービスが求められます。

教養やマナーなど身に付けることが多くあり、なるためには非常に厳しい訓練が必要ですが、一度見につけたスキルは一生役立ちます。

たとえ仕える主人が変わったり、働く場所が変わったりしても一生このスキルを生かして働くことができますし、転職をする際にも人間として成長する上でも役に立つでしょう。

高い報酬が得られる

執事は、世間一般的に見ても、給料や待遇には比較的恵まれている職業だといえるでしょう。

プロの執事として仕事をもらえるようになれば、安定した生活を送ることができます。

ただし、執事に仕事を依頼するお客さまは、自身のビジネスで財を成してきた人がほとんどであり「費用対効果」に関しては非常にシビアに考えています。

そのため、少しでも執事に対する満足度が下がってしまうと、いとも簡単に切られてしまう可能性もあります。

だからこそ、執事は常に努力を惜しまない姿勢が求められます。

大きなプレッシャーや責任感もありますが、それだけに頑張って認められる喜び、やりがいは大きなものとなります。

VIPと出会えることも

富裕層のお客さまの下で仕事をする場合、各界で活躍する一流の人物、場合によっては世界のVIPと出会えるチャンスもあるでしょう。

一般の人が日常生活ではなかなか出会えないような人と出会えることは、非常に刺激的ですし、自らの価値観や視野も広げてくれる機会になります。

ただし、執事はあくまでも裏方として、お客さまの最上級の満足を追求する存在です。

ミーハー心を出して仕事をするような人は、執事として信頼されないため注意が必要です。