「傭兵」とは

フリーランスの軍人。海外の軍隊や軍事組織、民事軍事会社に雇われて戦争行為をする。

傭兵とは、海外の軍隊、軍事組織、民間軍事会社に雇われて戦闘行為を行うフリーランスの軍人のことです。

勤務先は海外の軍隊関連の組織となり、海外で戦地に赴き戦闘をすることになります。

実際に戦闘をする傭兵のほかに、情報通信を行う傭兵や銃器の使い方の指導行う傭兵もいます。

給料は雇い主からの報酬で決まり、参加する戦争や参加している期間によって報酬が変わります。

常に命の危険と隣り合わせになる仕事ですので、戦闘に関する高い知識と技術力、強靭な肉体と精神力も必要になります。

日本国内には軍隊がありませんので、勤務先は海外のみになります。

傭兵としての実績、認知度にもよりますが、実績のある傭兵になると報酬も高額になります。

「傭兵」の仕事紹介

傭兵の仕事内容

傭兵とは、海外の軍隊、軍事組織、民間軍事会社に雇われて戦闘行為を行うフリーランスの軍人です。

戦地で直接戦争行為を行う人もいれば、戦地の後方援助として通信、武器の使い方の指導などを行う人もいます。

日本ではあまりメジャーな仕事ではありませんが、海外では傭兵を集めた民間軍事会社は一般的で、日本人でも傭兵として働く人は存在します。

仕事は毎回契約を結び、その期間が終わると新たな仕事を探すというスタイルになります。

傭兵になるには

傭兵になるには、自分で海外の軍隊、軍事組織、民間軍事会社を探し、応募する必要があります。

なお、軍隊の所有が禁止されている日本では、傭兵として働くことができません。

学歴や資格は求められないことが多いですが、強靭な肉体や精神力、銃器や兵器を扱うための知識と技術が必要であるため、日本の自衛隊を経験し、海外に渡るケースが多いようです。

また、海外での仕事となるため、最低限の語学力も必要となります。

傭兵の給料・年収

傭兵の給料は、雇い主からの報酬で成り立っていますが、その額は参加する戦地、戦地に行く回数、傭兵としての経験・実績等によって大きく異なります。

報酬以外の待遇はほとんどなく、海外への渡航費は自腹ということがほとんどで、会社員のように社会保険を適用してくれることもありません。

また、階級がある軍人とは異なり、あくまでフリーランスとして働くため、キャリアアップによる待遇面の向上は見込めないケースが多いようです。

傭兵の現状と将来性・今後の見通し

傭兵は海外のみで活躍できる仕事、かつ特殊な職業であるため、よほどの覚悟と経験がなければ、なることは難しいでしょう。

給料や待遇面もさることながら、いつ命を落としてもおかしくない危険と隣り合わせの仕事です。

また、時に人の命を奪うことや、軍人とは異なり、万が一捕まっても法律で守ってくれるという保障がありません。

どうしても傭兵になりたい場合は、その思いや理由を、自分自身の中できちんと整理しておく必要があるでしょう。