占い師の求人・募集状況と求人の探し方

占い師の就職先にはどんなところがある?

占い師の働き方は人によって異なります。

相談者と直接話をする対面式の占いショップで占いをしている人もいれば、お互いに顔を見ずに電話やメールで相談を受ける形で自宅や事務所で占いをしている人もいるため、かならずしも特定の企業に就職するわけではありません。

一般的な会社員のように企業に勤めるという考え方ではなく、個人事業主として仕事をする人が多いのが占い師の特徴です。

占い師の就職先としては、占い師を多数抱える事務所や占いショップ・電話占いなどを経営する占いの会社があります。

占い師の求人の状況

需要は高く求人も多い

占い師は業界全体としては需要が高く、常に求人募集が出ています。

これは占い師会社の給与システムが、仕事をした分だけ報酬を支払う「完全出来高制」であることも関係しています。

企業側は所属する占い師に固定給を支払う必要がないため、相談者のニーズに合わせて柔軟に対応できるよう多数の占い師を在籍させておくほうがメリットは大きいのです。

ただし、事務所や会社に在籍しているからといって、すぐ仕事ができるというというわけではなく、在籍はしているものの、開店休業状態の占い師もたくさんいるようです。

需要も多いが入れ替わりも激しい

占いブームの影響もあり、対面式の占いのショップ、電話やメールでの相談がメインの占いサイトまで占い師の活躍の場は幅広くあります。

最近とくに多いのは、電話を使った占いカウンセリングの会社です。

これらの会社では、常に占い師を募集していますが、「想像していたほど稼げない」「客層が合わない」という理由で辞めたり移籍したりする占い師も多いためです。

占い会社では常に人手不足となっていることが多く、常に占い師の募集をかけているというような実情があります。

占い師の就職先の選び方

初めて占い師の仕事をするという人は、採用の条件をよく確認してから応募したほうがよいでしょう。

基本的には占いの精度が高く一般的な受け答えができれば採用されますが、会社のカラーやほかの占い師との相性もあるため、一概にはいえません。

また、占い師には明確な合格基準があるわけではないので、他社で不採用でも別会社で採用されるということも多々あります。

自分の占いのスタイルや働きやすさを考えた上で、どの企業で働くかを決めるとよいでしょう。

占い師の志望動機・面接

占い師の志望動機は、占いが好きで自分も占いができるようになりたい、占いのことをもっと知りたいと調べているうちに占い師に興味を持つ人が多いようです。

占い師の面接では実際に占いの実技試験があることもあるため、占い師になりたい場合は占いの技術や知識をしっかりと見につけておく必要があります。

占い師の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

占い師の求人は、基本的には占い会社のサイトにあります。

電話占いやメール占いの場合は、宣伝広告の中で求人募集がされている場合もあり、「占い師募集」「鑑定士募集」などという文言を入れて募集しています。

数は少ないですが、求人情報誌に載っている場合もあります。

採用基準は会社によってそれぞれで、未経験者でも可としているところと、ある程度の実績がなければ採用しないというスタイルをとっているところがあります。