女性の鍵師のキャリアパス・結婚後の生活

女性の鍵師の現状

職人的な技術を要する鍵師は、もともと男性が多く活躍する仕事でした。

しかし近年では徐々に女性の鍵師も増えており、ある鍵師の養成講座では男女比が9:1~8:2程度とされています。

鍵師の仕事自体は、力仕事はほとんどなく、女性でも活躍のしやすい職業といえます。

コツコツとした地道な作業も多いため、しっかりと学ぶ姿勢があり、手先が器用であれば男女関係なくできる仕事です。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

女性の鍵師の強み・弱み

鍵は、老若男女さまざまな人が使うものです。

現代の日本では単身で暮らす女性も増えていること、また高齢化が進むにつれ、高齢者だけで暮らす世帯も増えていることから、女性鍵師の活躍の場も増えています。

「男性の鍵師よりも女性のほうが安心」という理由で、女性の鍵師が指名されるケースも増えているようです。

また、鍵のトラブルを抱え、不安になっているお客さまの気持ちに寄り添う必要があるため、女性ならではの包容力が生かされる場面もあるといえるでしょう。

鍵師の結婚後の働き方・雇用形態

近年では女性鍵師のニーズを受け、女性を積極的に採用する鍵屋が増えているようです。

未経験でも受け入れてくれるところもありますが、講座などを利用して基礎的なことは学んでおいたほうが、より就職はしやすくなるでしょう。

鍵のトラブルはいつ発生するかわからないため、鍵屋によっては365日24時間体制をとっているところもありますが、女性には防犯面から深夜勤務はさせないところもあるようです。

また、なかにはパートという形で短時間だけ働ける職場もあります。

鍵師は手に職があり転職もしやすいため、ライフスタイルに合わせながら仕事をしやすい環境を見つけていきやすいでしょう。

またスキルアップすれば独立開業することもできるため、より自分のペースで仕事がしやすくなります。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

鍵師は子育てしながら働ける?

鍵師として仕事と育児を両立するのは難しい一面があります。

鍵師の仕事はいつ依頼が来るかわからないため、特に個人の鍵屋では小さな子どもがいるとすぐに対処できない場合もあるでしょう。

パートで短時間だけ働いたりすることはできますが、その分収入は減ってしまうため、働き方をしっかりと考える必要があります。

ただし鍵師として働く上では、育児経験が役に立つことも少なくありません。

たとえば、子どもが鍵のトラブルを起こしてしまった際にやさしく対処したり、子どもを持つ家の防犯について考えたりと、母親ならではの視点が役立つことも多いでしょう。

鍵師は女性が一生働ける仕事?

鍵師は、実力さえあれば男女関係なく需要があり働ける仕事です。

結婚や育児で一度は現場を離れたとしても、一度身につけた知識や技術は無くなることはなく、経験者を優遇する企業も多いため、復帰もしやすいといえるでしょう。

また、独立した働くことによってより自分に合わせた働き方ができます。

手に職をつけて働きたい女性にとって、頑張り次第で大きく成功できるチャンスのある仕事でしょう。