このサイトは占い師を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「占い師」

仕事内容
占い師は、相談者が抱えるさまざまな悩みを、占いの技と人生経験上のアドバイスで解決する仕事です。占いの技法はさまざまであり、専門分野に絞って占う人もいれば、複数の技法をケースによって使い分ける人もいます。占う環境としては「対面」「電話」「ネット」「メール」の4種類があり、全体的には恋愛相談が多い中でも、対面占いの場合は金銭問題や仕事の相談、土地購入、家族の病気など、さまざまな内容を扱うことが多いです。
なるには
占い師になるのに特別な資格は必要ありませんが、占いの技術は最低限必須です。独学も可能ですが、占術を体系的に学べる学校や、プロの占い師に弟子入りする方法をとる人が多いです。技術がある程度身につけば、自ら周りの人を占って業務範囲を広げたり、占い会社の面接を受けて占い師として採用してもらうことも可能です。また、人と直接会話やメールをすることが多くなるため、コミュニケーション能力や話術も磨く必要があります。
給料
占い師の給料は、働き方や個々の占い師の技量によってだいぶ異なります。基本的に出来高制となるため、多くのお客さまの相談を受ければ受けるほど収入は増えます。占い会社に所属している場合、対面占いだと占い料金の4~5割程度、電話占いの場合は2.5~3割程度が手元に入ってきます。中には予約殺到の人気占い師もいるものの、一般的には年収200万円程度の人が多く、福利厚生も充分でないことがほとんどです。
将来性
占い師として生計を立てるのは簡単なことではありません。会社に所属せず、個人で開業する人も多い職業ですが、とにかくお客さまが付かなければ収入もないため、経験が浅いうちは不安定な生活となりがちです。しかし、占い自体に興味を持つ人はとても多く、営業の工夫と努力次第で大きく成功するチャンスもあります。ただし、基本的には会社等でコツコツと実績を積み重ね、信頼を得ていく必要があると言えるでしょう。