探偵になるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校)

探偵になるための学校の種類

探偵になるために特別な資格は必要ではなく、学歴が問われることはありません。

開業するには公安委員会などに届出をする必要があり、成人としての責任能力が問われますが、探偵の「能力」「技術」面での規制はありません。

したがって専門技術を教える学校に通っていなくても、探偵になろうと思えばなることができます。

探偵業を学びたいと思った場合は、民間のスクール、いわゆる「探偵学校」に通うのが一般的です。

探偵になるには

探偵になるためのスクール

探偵としての専門技術・そして経験などを身につけたいと思うなら、専門の探偵学校に通うのもよいでしょう。

探偵学校では、具体的な尾行や調査のやり方・証拠写真や指紋の取り方・特殊な機材の使用方法から探偵の守るべき条例や刑法の知識、資料と情報整理の仕方から報告書の書き方までなどを総合的に学べます。

ただし、探偵学校の選定には慎重にならなければなりません。

一般的に探偵関係の教習は高額です。

また探偵技術というのはかなり特殊なものであり、他所の分野で活かそうと思っても限界があることがあげられます。

独学で探偵になれる?

探偵は開業においては専門知識が必須ではありませんが、探偵学校で専門知識を身につけていたり、それに代わる経験があったりした方が成果を上げやすいことは確かです。

また、何かしらのバックボーンがあったほうが顧客からも信用されることでしょう。

本などでも専門知識はある程度身につけることはできますが、まったくの独学で探偵になるのは難しいでしょう。

探偵の学校選びのポイントは?

教育課程はしっかりしているか

探偵技術にはさまざまなものがあります。

探偵学校の教育内容を見比べていると、どんな技術が必須となるかも理解できてくるでしょう。

カリキュラムの中で、授業内容がおかしいと感じるものや、特異すぎるものがあるところは注意すべきです。

これは公的な資格がなく、分野として特殊なためにスタンダードな技術が分かりにくいことから起きています。

本当にそのカリキュラムが必要なのか、学校が独断に偏りすぎていないかなどをチェックしましょう。

就職・仕事のサポート

サポート体制がしっかりしていて、ちゃんと技術を習得できる体制なのかといったことを確認することも必要です。

探偵関係の学校や講座は現職の探偵や、大手の調査事務所が運営していることが多く、就職先の紹介をしてくれることもあるようです。

自社の支部に研修がわりに斡旋されたり、成績優秀だと学校の運営元の事務所にリクルートされたりするケースもあります。

卒業後にすぐに独立を考えている人もいるかもしれませんが、最初はこうした探偵事務所などで経験を積んだほうがよいでしょう。

探偵業の現場がわかり、探偵業への向き不向きや、開業できるかなどの検討もついてきます。

一般的な評判

ホームページがしっかりしているからといって、中身が伴っているとは限りません。

とくに探偵業は社会の暗い部分とも関係しがちな仕事で、過去には詐欺や違法行為に関わる探偵業者が少なくなかったために、現在のような探偵業法が成立したという背景があります。

卒業者の話が載っているか、ウェブでの悪評がないか、過去に事件を起こしていないかなど、しっかりと調べておきましょう。

探偵業は新しい分野ですので、一般的な学校選び以上の慎重さをもって学校選びをすることが大切です。