探偵のやりがい・楽しさ・魅力

探偵のやりがい・楽しさ

自分の知力や精神力が試される仕事

探偵業とは肉体や精神的にかなりハードな仕事です。

調査は、その性質から思いもよらぬ事件にも発展することがあり、結果の予想がつかない分、自分の知力や精神力が試される面もあります。

それは難しい点であると同時に大きな魅力ともなります。

「毎日がルーティーンワークでつまらない」と感じる人には、探偵業界の独特な面白さはやりがいにつながることでしょう。

トラブルや事件・もめごとなどに出くわすこともありますが、どれも日常的に生活していれば、めったにない出来事です。

逆にいえばその渦中に飛び込んで手助けするわけですから、ありふれた日常では味わえないような独特の経験ができます。

人助けや社会貢献ができる仕事

探偵は様々な問題に介入して解決に導いたりトラブルを仲裁したり、困っている人を手助けしたりします。

現場で困っている相手を助け、誰にも言えない悩みの相談にのってアドバイスをするカウンセリングの役割を果たすこともあります。

仕事上といううわべだけでなく、心から相手のことを思って手助けをしていけるのは、探偵業ならではのやりがいです。

また仕事が成功して依頼人の役に立てた場合は感謝の言葉をもらうことができます。

直接依頼主から感謝される仕事であるので、誰かの役に立てているという充実感をもてる点は喜びにつながることでしょう。

探偵の仕事内容

探偵の魅力

非日常を味わえる仕事

探偵業は、世間の表舞台に出てこない裏の部分や、隠れた部分に関しての仕事が中心です。

逆にいえば通常の社会生活を送っているだけでは知ることのできない、人間本来の部分や、社会の真実に当たる部分に触れることができます。

活動と続けるうちに、社会の本来のあり方について理解できたり人間と組織を動かしている仕組みをダイレクトに理解できたりするなど、非日常感を味わうこともあるでしょう。

生の社会や真実に接することのできる経験、いわば弁護士や警察と通じる骨太の仕事でもありますが、探偵という職業がなくならないのはそれだけ人を惹きつける要素があるからでしょう。

緊張感のある仕事

探偵は、そのときどきで依頼される案件はさまざまで、非常に緊張感のある仕事です。

一般的なサラリーマンのようにルーティーンワークで飽きてしまうといった仕事ではないでしょう。

体力的にきついことがあったり、法律的にはグレーの部分に踏み入れたりすることもありますが、ある種のリスクと隣り合わせの緊張感をもたらし、生活の張りという面で通常の仕事とは比べものになりません。

独特の問題や変わったケースに陥っているものもあるため、毎回新鮮な気持ちで緊張感を持ちながら行動していくことは非常にやりがいを感じられるでしょう。

達成感を味わえる仕事

探偵として時間をかけて調査し、満足のいく結果が出たときは大きな達成感を味わえます。

長期間の依頼や難易度の高い調査を担当したときや、多くのスタッフと協力してようやく結果が出たときは、よろこびもひとしおです。

また、探偵として経験を積むと、ある程度結果が予想できたり、調査の方法がわかったりします。

自分の予想が当たっていたとき、スムーズに調査が進んだときも探偵として成長を感じられ大きな達成感を得ることができます。