マジシャンの需要、現状と将来性

マジシャンの現状

不景気が続く昨今、若者のなかにも安定志向が高まっており、公務員や資格のある職業の人気が高く、雇用が不安定な芸能関係の仕事を選ぶ人は多いとはいえない状況です。

そんななかでも、ブームが続く「お笑い関係」の仕事や、花形ともいえる「ミュージシャン」の仕事はやはり高い人気を誇りますが、マジシャンに関してはそこまで目指す人が多くないというのが現状です。

マジシャンの需要

マジシャンの需要があるのは、結婚式やイベントが行われるホテルや飲食店、お年寄りや子ども向けの施設などです。

とくに季節ごとのイベントの際に呼ばれることが多く、一度ステージに出て評判が良ければ定期的に仕事が入る可能性が高まります。

売れっ子マジシャンとなりテレビ番組や大型のイベントに呼ばれる機会が増えれば安定した収入が見込めるようになりますが、ここまでたどりつくのは非常に大変なことです。

マジシャンの将来性

マジシャンをめざす上で必ず考えなければいけないのが、将来的なリスクです。

マジシャンの仕事をはじめとしたエンターテインメントは、生活に絶対になくてはならないものではありません。

驚きや感動を提供することが仕事であるため、どうしても人々の暮らしに余裕があるときにしか仕事が増えないという現実があります。

不景気が続く中、マジシャンとしてのステージやショーの仕事が今後激減してしまうかもしれない、というリスクは常に頭においておいたほうがよいでしょう。

安定した収入を得るためには、

・マジック教室を開いて副収入を得られるようにしておく
・マジック以外でも収入が得られるよう他の能力も身につけておく

など、生活を続けていけるように計画的に考えておくことが大切です。

マジシャンの今後の活躍の場

トップマジシャンとして

かつてはマジシャンといえば、メディアでも大きく取り上げられ非常に人気のあるコンテンツでした。

しかし近年、エンターテインメントが多様化するにつれ、マジックはかつてほど人気のあるものではなくなりました。

一方、現在は「誰もがよく知るマジシャン」という存在があまりいないことから、努力次第ではライバルを抑えてトップマジシャンになれる可能性も十分にあります。

自分の努力次第では、メディアで華々しく活躍するチャンスをつかめるでしょう。

インターネットでの活躍

近年ではYouTubeをはじめとした動画サイトやSNSを利用して活躍するマジシャンも増えています。

マジックを披露するだけでなく、マジックのトリックを明かしたり、簡単なマジック講座をしたりする動画も人気を集めています。

こうした動画撮影は誰でも手軽に始めることができ、簡単に視聴者からの反応を得られるだけでなく、視聴者数が増えれば収益化し収入源として利用できることもメリットです。

インターネット上で多くの注目を集めたことからメディアにとりあげられるようになったマジシャンもいるため、新人で仕事のきっかけがつかめない、趣味の延長線上としてマジックを披露したいという人にも向いているでしょう。