占い師として独立・開業するには?

独立・開業の占い師の働き方・仕事内容

占い師として働く際、占いのショップや占い師を派遣する事務所で働く方法もありますが、このような雇用形態では占い料の何割かが会社の取り分となるため、占い師の手元に残る収入が少なくなってしまいます。

そこで、少しでも収入を増やすために独立・開業をめざす人も多いようです。

フリーランス(個人事業主)として働く場合は、ショップを開設する場合、電話やメール占いなど自宅で占いをする場合、路上やイベントで占いをする場合などさまざまな働き方があります。

独立・開業の占い師になるまでのキャリアパス

開業するための方法

個人事務所を開業する方法は、他の職業と特に変わりはありません。

占い師をするにあたって必要な資格や免許はないため、占いのセンスや能力がある人であれば、誰でも起業できるといっても過言ではないでしょう。

占いには、ショップを新規に持たなければ大がかりな設備投資も必要なく、自分の腕さえあればほとんどお金をかけずに事業を繁盛させることも夢ではありません。

経営が軌道にのるまでが大変

ただし、開業したからといってすぐに多くの相談者が来るということはありません。

占いでは顧客からの信頼が何よりも大切で、占いによって悩みが解決した人の口コミが広がることが、最大の宣伝になります。

逆にいえば、口コミなどでの評判が広がるまでは、とにかくたくさんの案件をコツコツと引き受けながら、顧客がつくのを粘り強く待つ必要があるでしょう。

相談者が増えて経営が軌道にのるまでには長い時間がかかることもあるため、その期間の生活を成り立たせるためにも、開業までにしっかり貯金をしておくほうが安心です。

インターネットの活用

インターネット上で占いのサイトを立ち上げ、電話やメールやチャットで相談を受けるなど、占い師はやりようによってはお金をまったくかけずに独立することもできます。

しかし、もし対面式の占いショップを開業するのであれば、店舗を借りたりインテリアや道具を揃えたりと、さまざまな初期費用がかかることになります。

また、開業時間にはつねに誰かがショップにいなければいけないため、社員やアルバイトを雇うことで人件費がかかる場合もあります。

兼業や副業で占いを開業する場合や、在宅で仕事をしたいと考えている人が開業をする場合は、インターネットを活用して開業する方法がよいでしょう。

独立・開業の占い師の給料・年収

一般的な占い師の場合、年収は200万円から300万円程度がボリュームゾーンといわれます。

ただし、相談者から信頼を得られ人気が高まれば、さらに年収をアップさせることも花押です。

昼間は対面占いで働き夜は電話占いで働く、また昼間は他の仕事をして夜のみ電話占いやネット占いをするなど、占い師は多様な働き方が出来る職業です。

自分自身の実力と工夫次第では、どんどん年収をアップさせられる仕事といってもよいでしょう。