「冒険家」とは

冒険家_画像

国内外の海、山、川、極地などを旅して、人類の新たな発見や過酷なチャレンジをする。

冒険家とは、日本全国や世界の海、山、川、極地などを旅して、チャレンジを続ける人のことをいいます。

人類未踏の場所へ出かけ、新たな発見をすることが冒険の主な目的です。

なるために特別な資格や学歴は必要とされませんが、冒険家は職業としては確立していない部分が大きく、スポンサーを付けない限りは自分でアルバイトなどをしてお金を貯めて冒険に出るしかありません。

危険とわかっていることにもあえてチャレンジするのも冒険家の特徴であり、冒険によって命を落とした冒険家も過去にはいます。

有名になれば書籍の執筆や講演活動などで収入を得ることも可能です。

冒険家は夢とロマンあふれる生き方ですが、冒険に関する知識や技術と、恐怖に打ち勝つ精神力、強い熱意がなければとても続けていけないことだといえるでしょう。

「冒険家」の仕事紹介

冒険家の仕事内容

人類未踏の地を目指して

冒険家とは、日本を始め世界を旅して、人類未踏の場所へ出かけ、新たな発見をすることが主な目的です。

そのため、数千メートル級の山やジャングル、あるいは北極・南極など、一般の人々にとっては馴染みのない土地が中心となります。

危険とわかっていることにもあえてチャレンジするのも冒険家の特徴であり、冒険によって命を落とした冒険家も過去にはいます。

冒険家は夢とロマンあふれる生き方ですが、冒険に関する知識や技術と、恐怖に打ち勝つ精神力、強い熱意がなければとても続けていけないことだといえるでしょう。

冒険のためには多額の資金が必要となるため、多くの冒険家は他の仕事をして自分でお金を貯めたり、スポンサーを募集したりして冒険に出ます。

冒険家の就職先・活躍の場

活躍の場は世界

冒険家の活躍の場は世界中です。

冒険家が「ここに行きたい」と思った場所が活躍の場になるため、自分で行きたいところを選ぶことができるのです。

反面、これといった具体的な就職先はなく、自ら活動する上でスポンサーを探さなくてはなりません。

冒険家として活躍している人のほとんどは、決して「お金を稼ぐため」に冒険をしているわけではありません。

冒険することそのもので収入を得るのは難しいため、人によっては、冒険家は職業ではないという考え方をする人もいるようです。

冒険家の1日

一般的な職業とは異なる生活

冒険家のほとんどはフリーランスとして活動しています。

そのため、一般的な企業に勤める人のように、勤務時間が「○時から○時まで」と定められているわけでもなければ、1週間のうちにどれくらい活動するかも自分次第です。

「冒険に出ること」が冒険家の生活の中心となりますが、いざ冒険をしようと思えば多くの資金が必要となるため、「冒険するために仕事をする」という人が多くいます。

期間限定でアルバイトなどをして一気にお金を稼ぎ、十分な資金が貯まったところで冒険に繰り出すような生活が一般的です。

冒険家になるには

職業としての確立が難しい

冒険家は非常になるのが難しい職業です。

まず冒険家という仕事が、職業としてしっかりと確立していないということです。

なるための方法も具体的に確立されておらず、冒険そのものでお金を稼ぐのはほぼ無理であることから、冒険家になってその生活一本で暮らしていくのは非常にハードルが高いことが理由です。

また、冒険家は命を落とす可能性もあり、前人未到の地に足を踏み入れる恐怖心に打ち勝つ勇気を持つ人でなければ、冒険家として生きていくことは難しいのです。

冒険家の学校・学費

学歴や資格は必要なし

冒険家は、資格も学歴も問われません。

勉強ができなくても、冒険家としての適性があれば活躍できる可能性はありますし、健康でありさえすれば何歳になっても冒険をすることができます。

そうした意味では、誰でも「冒険家になりたい」と思えば、なれるチャンスはあるといえるでしょう。

ただし、安全に冒険をするにあたっては、冒険する土地の歴史や風土・文化などをしっかりと見につけていなければ、最悪命を落とす危険性もあります。

冒険家として活動していくためには、常に知識欲を持ち勉強していくことが重要であるといえるでしょう。

冒険家の給料・年収

冒険家として成功するのは一握り

冒険家として収入を得ることは非常に難しいことです。

ただし冒険家として困難な冒険を成功させたり、一定の評価を受けたりすると、冒険の発表で収入を得ることができます。

書籍の執筆やメディア出演、講演会などをこなせばギャラをもらうことができます。

有名になればなるほど多くの依頼が舞い込みますので、自分が好きな冒険をしながらお金も入るという状態になります。

ただし、冒険をして生計を立てられるのはごく一部の人に限られ、非常に狭き門であることを覚悟した方がよいでしょう。

冒険家のやりがい、楽しさ

「非日常」を体験することができる

冒険家の多くは、「見たことのないものを見たい」「日常では味わえない経験がしたい」という気持ちをもって冒険に出かけます。

ガイドブックには載っていない場所に危険を承知で訪れたり、世の中にあまり知られていないものを写真に記録して人々に伝えたりと、勇気ある冒険家だからこそできることがたくさんあります。

冒険を通し、日常では絶対に経験できない興奮を味わえること、誰もがやらないことに挑戦し、成果を出した瞬間に味わえる感動は、冒険家しか味わうことはできないものです。

冒険家のつらいこと、大変なこと

常に危険と隣り合わせ

冒険家には、危険を承知であえてチャレンジするという一面があります。

誰もチャレンジしたことがないことに挑戦したり、前人未到の地に足を踏み入れたりするのが冒険家だとすれば、やはりそこにはリスクがつきまとい、実際、冒険の途中で命を落とした冒険家も少なくありません。

いつでも危険と隣り合わせであることを覚悟し、ハードな環境や孤独な状況にも耐えうるだけの強い体力と精神力がなければ、冒険を続けていくことはできないでしょう。

冒険家に向いている人・適性

失敗を恐れずにチャレンジする

誰しも、前例のないことに挑むのは恐怖を覚え緊張しますが、それを乗り越えて挑戦するのが冒険家です。

前例がないことにチャレンジするため、当然失敗する可能性は十分にあります。

それでも、とにかく目標に向かってひたすらつき進んでいく姿勢や、自分を信じて行動できる人こそが、冒険家として生きていけるのです。

失敗を恐れず、目標を達成するために強い思いを持って継続的に努力できる人であれば、冒険家に向いているといえるでしょう。

冒険家志望動機・目指すきっかけ

「冒険したい理由」は何なのか

冒険家になるために、一般の就職試験のようなことはありませんので、志望動機を聞かれることは非常に少ないです。

ただし、スポンサーを集めたり、現地で冒険をする許可を取ったりするために、自身の思いを相手に伝える機会はあります。

そうしたときに、自分自身で「冒険をしたい理由」をしっかりと話せるようにしておかなくてはなりません。

冒険家として一体何がしたいのか、どんな冒険家になりたいのかなどをしっかり考えておかなくては、冒険に対する情熱は相手には伝わらないでしょう。

冒険家の雇用形態・働き方

フリーランスとして働く

冒険家はフリーランスとして働きます。

そのため、どこかの企業から一定の給料をもらうわけではなく、「冒険のための資金集め」としてスポンサーに協力してもらいます。

冒険に出る際にスポンサーのロゴが入った衣類を身に付けたり、スポンサーが提供する機器を使用したりします。

ただし、それはあくまで「冒険のための資金」であり、生活の保障をしてくれるものではありません。

そのため、冒険家は職業ではなく趣味の延長線上として考える人も少なくありません。

冒険家の勤務時間・休日・生活

何年も家に戻れないことも

どのような冒険をするかによっても異なりますが、一度冒険に出れば、数ヵ月、あるいは数年という長期間、自宅には戻らないということもあるでしょう。

少なくとも、一般的なサラリーマンのような生活とは無縁の日々を送ることになります。

冒険は誰かに強制されてやるものではありませんし、いつまでに冒険を終わらせなくてはならないということもありません。

そういう意味では自由度がかなり大きく、思い通りの生活することができますが、だからこそ、自分自身をしっかりと律して、生活をコントロールすることが必要になるでしょう。

冒険家の求人・就職状況・需要

いつからでも冒険を始められる

冒険家になるために、これといった就職先はないため、求人や需要も関係ありません。

そのため、自分が「冒険家」と名乗ればいつからでも冒険を始めることができます。

しかし、実際にはスポンサーを見つけなければならなりません。

まずは人脈を作るための仲間集めをしたり、スポーツ用品メーカーなどのイメージ戦略を立てているスポンサーを探したり、ブロガーやユーチューバーとして活動したりして自分を売り込むことが重要なポイントになってくるでしょう。

冒険家の転職状況・未経験採用

未経験からでも挑戦可能

冒険家には学歴や資格は必要なく、チャレンジしようと思えば男性・女性の区別や年齢も問われません。

ただし、冒険に出るためには、その冒険の目的にあった体力づくりやプラン作り、その土地の気候や自然、風土や文化、冒険に潜む危険性などさまざまなことを勉強しなくてはなりません。

行きあたりばったりのプランでは、最悪の場合命を落としかねません。

大学などで自然や生物について学び、あらかじめ知識が備わっている場合は別ですが、そうでない場合はしっかりと自分で勉強をする必要があります。

冒険家の現状と将来性・今後の見通し

冒険家のフィールドが広がる

人類の長い歴史の中で、数多くの冒険家といわれる人たちが前人未到の場所へ出かけ、さまざまなチャレンジを行ってきました。

いまや、地球上で誰も足を踏み入れたことのない土地は、もうほとんどないといわれています。

今後は深海、海中あるいは密林の奥地など、まだあまり探索が進んでいないとされる場所へ積極的に訪れようとする冒険家が出てくるだろうと考えられています。

また民間でも宇宙飛行が可能になり、冒険家の活躍のフィールドは時代とともにさらに広がりを見せるでしょう。