このサイトは鍵師を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「鍵師」

仕事内容
鍵屋は、家や自動車などの鍵の複製をしたり、「鍵を無くしてしまってドアが開かない」といったトラブルの際に、特別な技術と道具を使って解錠をしたりする仕事です。お客さまから依頼を受けると現地に赴いて作業をするスタイルが基本となります。その場の状況を瞬時に判断して的確な対応をとらなくてはならないため、鍵師としての技術はもちろん、お客さまとのコミュニケーション力、また精神力や集中力を要する仕事です。
なるには
鍵師になるために、絶対に必要とされる資格はありません。基本的に、学歴や年齢が問われることもないため、やる気さえあれば誰でも目指すことができます。ただし、職人的要素の強い職業であり、専門知識と技術が必要とされることから、一人前になるためには鍵師の学校で基礎を学んだり、プロの鍵師の下で修業を積んだりするなど、それなりの時間がかかります。鍵師は鍵屋に就職する人がいる一方、独立開業して働く人も大勢います
給料
鍵屋で働く鍵師の給料は、勤務先の規模や地域などによって異なりますが、正社員の場合は月収20万円程度、アルバイトやパートとして働く場合には、時給900円~950円程度からスタートすることが多いようです。ただし、鍵師のビジネスは個人事業や小規模事業として行うところが多いため、そこまで大きな収入を望めないのが実情です。独立開業した場合の収入は、自らの営業力と実力次第で大きく増減します。年収1,000万円以上を稼ぐような実力ある鍵師は一握りといえます。
将来性
鍵は膨大な種類があり、また現代ではスマートフォンアプリを使って鍵の開き閉めを管理する「スマートロック」も登場するなど、鍵の仕組みも日々進化しています。IT化が進み続けていくなか、これからの鍵師は、ますます新しい技術や知識を身に付けていくことが必要になるかもしれません。鍵師には公的な資格が存在せず、誰でも技術を身に付ければ現場で働くことができますが、いま、鍵屋は飽和状態になっているともいわれ、成功するためには高い営業力が必要とされます。