新聞社への転職、中途採用

経験者の転職

新聞社の採用は新卒採用がメインではありますが、中途採用を行っているところもあります。

応募資格として年齢制限や学歴による条件を設けていることもあるので各社のホームページをチェックしてみるとよいでしょう。

中途採用で新聞社の編集職への転職をめざす人は、やはり前職でもマスコミ業界や出版業界で働いていた人が多いようです。

たとえば、テレビ局で記者をしていた人、出版社で編集者をしていた人、情報誌でライターをしていた人などです。

また、全国紙の記者が故郷に戻るために地方の新聞社を受験したり、逆に地方の新聞社で働いていた人が全国紙の記者をめざして受験したりするケースも非常に多いのです。

マスコミ業界や出版業界の編集職は特殊な仕事をしているので、できるだけ今までの経験を生かせるよう業界内で転職をめざすという傾向があります。

毎日新聞の中途採用の場合、応募資格が「記者として勤務経験がある方」となっており、まさに即戦力として働ける人材を求めていることがわかります。

他業種からの転職

一方で、まったくの未経験者の採用も受け入れる姿勢を示している新聞社もあります。

たとえば、朝日新聞の社会人採用の場合、応募資格に「記者経験のある方が中心ですが、企業、官庁、各種団体などで勤務経験があり、専門・得意分野がある方も歓迎します」と記載されており、専門性の高い取材に対応できる人を求めていることがわかります。

同じように、日本経済新聞社の社会人採用でも、「博士号または同等の専門資格をお持ちの方や、シンクタンク、大学、企業、研究機関、官庁などで実務・業務経験を積んだ専門的な分析力を持つ方」を歓迎する旨が記載されています。

マスコミの経験者かどうかだけではなく、専門性の高い知識やスキルを持っている人を記者として採用することをめざしていると考えられます。

今まで新聞とは無縁の世界で働いていた人でも、別の業界で培ってきた経験を生かせるので、転職に挑戦してみる価値は十分にあるでしょう。