映像制作会社への転職・中途の未経験採用はある?

映像制作会社社員への転職状況は?

クリエイティブな仕事に携わることができる映像制作会社は、華やかで面白そうというイメージを持つ人も多いようです。

近年は動画配信がブームになっていることもあり、就職活動中の若者からは特に人気があります。

しかし、実際に働き始めてみると不規則な生活になることや深夜残業があることから離職する人も多いのが現状です。

人材の入れ替わりが激しいので、第二新卒の採用や中途採用に力を入れている企業もあります。

欠員が出るたびに募集をかけるので、一年中何らかの求人が出ているということもあるようです。

中途採用においては、業界経験者は歓迎されますが、未経験者でも情熱があればOKという企業も珍しくありません。

他の業界からの転職を目指している人にとっては、チャンスの多い業界といってもよいでしょう。

映像制作会社社員への転職の志望動機で多いものは?

映像制作会社に転職する人の志望動機としては、「映像作品を見るのが好きだから」というものが多いようです。

映画やテレビ番組、コマーシャル、ミュージックビデオ、動画配信サイトのコンテンツなど。

今の世の中には、さまざまな映像作品が溢れています。

こうした映像を見ているうちに「いつか自分も作ってみたい」という憧れが生まれ、転職に繋がるのでしょう。

また、最近では動画配信をきっかけにこの世界に飛び込んでくる人もいるようです。

ゲームの実況やヘアメイクの方法、料理のレシピなど、趣味で動画を撮影編集して配信するうちに、いつの間にかスキルが身についていた。

そんなきっかけから、自分のスキルを仕事に生かそうと思い立ち、映像制作会社への転職を目指す人もいます。

映像制作会社社員の志望動機と例文・面接で気を付けるべきこと

未経験・社会人から映像制作会社社員になるには

映像制作会社の求人は、映像の企画や編集などの経験者が優遇されます。

しかし企業によっては、熱意や適性さえあれば全くの未経験者でも歓迎していることがあります。

この場合、入社後はまず先輩社員のアシスタントとして仕事を始めることになるのが一般的です。

映像制作会社の雇用形態としては、正規雇用の正社員だけではなく、非正規雇用の契約社員、派遣社員、アルバイトなどがあります。

アシスタントの期間は契約社員やアルバイトという形で雇用されることが多いようです。

アシスタントは、およそ半年から数年かけて、修行をしながら仕事を覚えます。

能力を認められれば正社員に登用されることもあるので、地道にコツコツ努力をすることが大切です。

映像制作会社社員への転職に必要な資格・有利な資格

未経験者が映像制作会社への転職を目指す場合、特に必要とされている資格はありません。

大切なのは素晴らしい映像作品を生み出すための感性です。

映画やテレビを見る、舞台を見る、音楽を聴く、本を読む、絵を鑑賞するなど。

さまざまなことに興味を持ち、センスを磨き、そこから得たアイデアを映像にフィードバックできるように日頃から訓練しておくといいでしょう。

また、自分が担当したい職種についての勉強をしておくのも役に立ちます。

映像編集を目指すのであれば、有名どころの編集ソフトを一通り触っておくとコツが掴めます。

カメラマンの場合は市販のビデオカメラを使いながら練習するのがおススメです。

カメラマンはロケの際に車で重い機材を運ぶこともあるため、普通自動車免許も取っておくとよいでしょう。

映像制作会社社員に必要な資格やスキルはある?

映像制作会社社員への転職に役立つ職務経験は?

未経験者が映像制作会社に転職する場合、どのような経験があると採用されやすいのでしょうか。

最もオーソドックスなのは、テレビ局番組制作会社でのディレクター業務や撮影・編集業務の経験があることです。

地方のテレビ局で契約社員として数年働いたあとに、映像制作会社の正社員を目指す人もいます。

広告代理店やイベント会社でコマーシャルの営業や企画に携わっていた人も、仕事の流れを理解しているので即戦力になりやすいでしょう。

この他に、大学時代に自主映画サークルで映像を作っていた人や、趣味で動画サイトに投稿している人も、適性が認められやすいようです。

職務経験ではありませんが、映像関係のコンテストでの受賞歴も評価されることがあります。

映像制作会社社員への転職面接で気をつけるべきことは?

映像制作会社が手がける映像の中には、テレビ局が放送するテレビ番組や広告代理店が手がけるコマーシャルが含まれます。

このような仕事は、経費削減の波の中で人件費を削られたり厳しい制作スケジュールを強いられたりすることが多いのが現状です。

納期間近には深夜残業が連続するような状況に陥ることもあります。

映像の仕事に強い憧れを抱いて入社してきた社員でも、ハードな労働環境の中で早々に離職してしまうことがあるのです。

こうした事情から、転職希望者に対しては、仕事への熱意を面接でチェックしている企業が多いようです。

仕事への熱意があり地道に努力できること、体力や気力に自信があることを、面接でしっかりアピールしましょう。

映像制作会社社員に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

映像制作会社の中途採用では、未経験者の場合は35歳くらいまでの人材を募集していることが多いようです。

未経験者が映像制作会社に転職した場合、基本的には見習いからのスタートになります。

アシスタントディレクターやアシスタントカメラマン、編集補助などとして先輩の仕事を手伝いながら業務の流れを覚えるのです。

この期間が、長い場合は数年ほど必要となります。

こうした事情があるため、できるだけ若い人材を募集して育成したいと考える企業が多いのでしょう。

ただし、経験者の場合はこの限りではありません。

即戦力になるのであれば、30代後半、あるいは40代の社員でも大歓迎という企業もあります。

それぞれの映像制作会社に問い合わせてみるのが確実です。

未経験から映像制作会社社員の転職での志望動機

未経験者が映像制作会社の社員への転職をする場合、どのような志望動機が考えられるのでしょうか。

「私は広告代理店でテレビコマーシャルの営業担当として三年間働いてきました。業務を通してさまざまな企業のコマーシャルに触れるうちに、映像作品に強い興味を抱くようになりました。

自分も作る側に回ってみたいという思いが強くなったことから、御社のディレクターへの転職を希望しています」というのが一例です。

「大学時代から、趣味としてヘアメイクのハウツー動画を配信しています。最近フォロワーが10000人を突破したことから、映像制作に携わる自信がつき、仕事に繋げていきたいと思うようになりました。

今まで培ったスキルを生かして映像編集の仕事に就きたいです」というアピールもあります。

今までの職務経験や特技と結び付けながら、志望動機を語ることが大切です。