百貨店社員の仕事、業務内容

洋服、服飾品、雑貨、家具、食器、食品、玩具など、人々が生活するうえで必要としたり、ライフスタイルを豊かにするためのありとあらゆる商品を取り扱っている百貨店。

そこでは、たくさんの人たちが活躍しており、それぞれが担当業務を持っています。

百貨店の仕事は多岐にわたりますが、代表的なものを以下に紹介します。

販売

店頭に立ち、お客さまに接客をする仕事です。お客さまのニーズをくみ取ったうえで、商品説明をしたり、オススメのアイテムを紹介したりすることで、売上アップに貢献します。

また、常にお客さまが快適に買い物を楽しむことができるよう、商品の在庫管理や発注、伝票処理、店舗レイアウト、清掃なども担当します。

百貨店社員のなかでは、お客と直接触れ合うことが最も多い仕事だといえるでしょう。

仕入れ

いわゆる「バイヤー」といわれる職種に就く人の仕事です。

どのような時期に、どのような商品を、どれくらい仕入れるかといったことを考え、実際に動きます。

顧客動向や市況に関するデータを集めて分析し、「売れる商品」を仕入れるために活躍します。

販売職のように表に立つことはあまり多くありませんが、一流ブランドやショップには、必ず優秀なバイヤーがいるといわれます。百貨店の売上はバイヤーの腕にかかっているといっても過言ではありません。

バイヤーの仕事

営業

個人や法人の常連客、いわゆる「お得意さま」に対して、お客さまのところを訪問して直接商品を販売する「外商営業」という仕事があります。

このほか、企業に対して商品を提案していく「法人営業」として働く人もいます。とくにお中元やお歳暮などのギフト商品を取り扱うことが多いです。

その他

これらの仕事は、どの百貨店においても代表的な仕事となっています。

このほか、百貨店によっては宣伝や店内の装飾、催事などを担当する「販売促進(プロモーション)」、自社の経営方針や事業方針を考えていく「経営企画・事業企画」、商品企画や販売計画などを行う「MD(マーチャンダイジング)」といった名称の部門を置いているところもあります。

マーチャンダイザーの仕事

管理系

上記のほか、総務、経理・財務、人事、広報など、一般的な企業と同様に、会社を支える管理系の部門で働く人たちもたくさんいます。

社員たちが働くうえで必要な制度を整えたり、教育を行ったり、勤怠管理をしたり、会社の窓口として外部とのやりとりを行ったりと、一人ひとりが役割を持ちながら、裏方で多岐にわたる業務をこなしていきます。