このサイトは販売促進を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「販売促進」

仕事内容
販売促進の仕事の目的は、その名の通り「販売を促進すること」です。企業のなかでも特に商品の売り上げを伸ばすことに特化した事業を行うのが、販売促進のチームです。新商品の発売に伴うキャンペーンやイベントを企画したり、特典やノベルティをつけたりすることで、一人でも多くの消費者に自社の商品を手に取ってもらえるよう積極的に仕掛けていきます。こうした企画を成功に導くためには、ターゲットとなる消費者層のニーズを掴んでおくことが欠かせません。柔軟な発想力だけではなく、データの分析やマーケティングの知識が求められます。
なるには
販売促進は、特定の資格や学歴が必要な仕事ではありません。一般的には、企業の就職試験を受けて合格することでこの仕事を担当することができます。組織によって名称はさまざまですが、「販売促進課」「販促部」「販売企画部」などの名称を用いているところが多いようです。自社商品の知識や消費者のニーズへの深い理解が欠かせない職種なので、営業や販売の経験を経てから販売促進の仕事に就くこともあります。また、転職者の場合は未経験でも営業やマーケティングの経験があればOKということもあるようです。他職種からの未経験者の挑戦を歓迎している企業もあるので、求人票をよくチェックしてみるとよいでしょう。
給料
販売促進の仕事をしている人の給料や年収は、どのような業界で働いているか、どれくらいの規模の企業に勤めているかによって大きく変わります。一般的には、大手のメーカー(化粧品メーカー・飲料品メーカー・食品メーカー・ファッションブランド・出版関係など)や都心部の百貨店などでは年収600万円を超えることも珍しくありませんし、地方の中小企業の場合は年収300万円前後になります。また、この業界は景気によって給料の変動があることが多く、中小企業を中心に不景気になるとボーナスが減ったり出なくなったりすることがあります。
将来性
インターネットやSNSの普及により商品をPRするための選択肢が増えたことや、多様なキャンペーンやイベントが展開されるようになったことから、企業が消費者に対していかに魅力ある企画を提示できるかが商品の売り上げを大きく左右する時代になっています。最近では、販売促進に特化した部署を立ち上げたり、販売促進について企画したりイベントを引き受けたりする企業も増えており、今の世の中において注目を集めている分野といえます。