ガス会社社員に特有の職種

ガス会社では、さまざまな職種の社員が活躍しています。

ここではガス会社特有といえる職種の種類と、そのおもな仕事内容について紹介します。

営業

ガス会社では、ひとくちに営業といっても、さまざまなお客さまを対象としています。

そのひとつが、一般家庭のお客さま向けが利用するガスのサービス・商品を、ハウスメーカーやマンションデベロッパーなどに提案する営業です。

家庭で利用するエネルギーとしてのガスそのものはもちろん、ガスコンロや給湯関連等の各種機器などを紹介し、快適に住んでいただける環境を提案するとともに、住宅の価値向上にもつなげます。

もうひとつ、企業や病院、工場、飲食店、商業施設といった産業の領域における営業の仕事もあります。

これらの施設では、一般家庭と比べて多くのエネルギーを必要とするケースが多くなるため、より省エネ・省コスト、エネルギーマネジメントに関する提案が必要とされます。

また、お客さまのニーズや環境に合わせた機器の最適運用など関する、幅広い知識とコンサルティング能力が必要とされます。

保安・保全

ガスをお客さまの元まで安全に運ぶためのガス導管の日々のメンテナンスや、維持管理の仕事に携わる仕事です。

ガス導管は水道、下水、通信といった他のインフラ企業と同様、道路に設備が設置されているため、その工事をするためには各社との調整や、道路管理者との交渉も行わなくてはなりません。

また、ガス会社では「安全・安心」を最重視しており、万が一、お客さまのガス利用時におけるガス漏れなどの緊急事態が発生した際にも、通報を受けて、すぐに現場に駆けつけて対処できる体制を整えています。

その仕事では、ガス設備に関する専門知識や、現場で冷静かつ適切に対処できる技術力も必要とされます。

調達

ガスを製造するために必要な原料を仕入れる仕事を「調達」といいます。

他社との競争に負けないために、できるだけ安価かつ品質のよい原料を、海外の産出国から安定的に調達する必要があります。

仕入れ先から価格の交渉やトラブル対応など、高いレベルでのコミュニケーションスキルが必要とされます。

生産

技術者として、ガス製造現場におけるオペレーション全般、ボイラーやタービンといった各種設備の修理およびメンテナンスなど維持管理業務に携わる仕事です。

「安定供給」を命題とするガス会社にとって不可欠な仕事であり、災害や経年対策といった点も踏まえながら、長期的かつ大きな視点で強固なインフラ基盤を作り上げます。