ガス会社社員として働くには(大学・学歴・学部など)

ガス会社の採用試験を受験する

ガス会社の社員として働くには、各ガス会社が実施する採用試験を受ける必要があります。

大手ガス会社では基本的に毎年新卒採用を実施しており、一度に数十人ほどの人員を採用することも珍しくありません。

また、地域に根差した中小規模のガス会社の場合も、定期的に新卒採用をして将来活躍できる人物を育成しようとしている企業は多くあります。

ガス会社の仕事はさまざまありますが、採用試験においては「事務職」と「技術職」に分けて実施されるケースが多くなっています。

事務職の場合、営業(国内・海外)、経理・財務、人事、労務、法務広報、原料調達などの業務を幅広く担当します。

技術職の場合、業務用・家庭用ガス設備のメンテナンスや施工、パイプラインの保安業務、ガス製造所やガス発電所のオペレーション、ガス機器開発、ガス機器営業などの仕事に携わります。

なお、企業によって職種のくくり方はさまざまであり、なかには総合職として「文系職」「理系職」「プロフェショナル職」といった名称がついていることもあります。

必要な学歴、学部・学科は?

ガス会社社員に必要な学歴は、ガス会社や、その会社が募集している職種によって異なります。

一般的には、「大卒(大学院修了)」を対象としたものと、「高等専門学校卒(本科・専攻科)」をしたものに分けて採用試験が実施されており、大卒や大学院修了の場合には総合職としてゼネラリストあるいはスペシャリストを目指すコースが用意されています。

一方、高等専門学校卒の場合は、機械、電気・電子、制御、土木、建築、情報、物質、生物などの知識を学んでいることから、入社後は基本的に現場で技術系の職務に携わることが中心となり、その領域におけるプロフェッショナルへの成長が期待されています。

文系職に就きたい場合には、学部・学科が指定されることはありません。それとは別に、理工系学部・学科の学生を対象とした採用枠を設けている企業もあります。