ガス会社社員のつらいこと・大変なこと・苦労

ガス会社社員のつらいこと・大変なこと

大きな責任を抱える

ガス会社には営業系の仕事もあれば、ガス基地やパイプラインの維持管理を行う技術系の仕事もあり、多くの職種によって成り立っています。

ガスは生活や経済活動に欠かせない重要なエネルギーですので、職種は違えどもガス会社の社員は全員が社会を支えるために働いているといっても過言ではありません。

営業系であれば今よりも利便性の高いサービスやコストをおさえられる機器を紹介するほか、ガスを含めたエネルギーソリューションの提案を行うケースもあります。

技術系であればガスを安定供給するため、機器のメンテナンスを行ったり、パイプラインの拡張工事を行ったりします。

いずれの職種も地域の暮らしを左右しますし、いったんガスの供給がストップすれば一瞬にして何千、何万人もの人が困るでしょう。

それほど重要なものを扱っているというプレッシャーはどの職種で働くにしても抱え続けることになります。

安全を背負い、専門知識を備える

ガスは便利な一方、一歩間違えば大きな事故につながります。

そうした性質を併せ持つエネルギーだということを認識し、責任を持って販売しなければいけないでしょう。

技術系の職種であれば、直接利用者が使う機器の設置、建物などへの配管、張りめぐらせているパイプラインなど、あらゆる面で安全性を絶対確保する責任があります。

安全を確保するためにガスに関する専門知識も備えるのも責務です。

一般家庭からの質問に答えるのはもちろん、他業種、例えば建築や道路工事を請け負う会社からの確認事項にも正確に答えなければ安全にガス管を設置できません。

研究開発職にいたっては常日頃専門知識と向き合いますが、より高度な知識が求められます。

例えばガス供給に必要不可欠な整圧器という設備は、バルブなどの小さな部品一つで安全性や効率性に大きな影響力を及ぼします。

部品の新規採用や仕様変更の際は製造メーカーと試行錯誤しながら完成を目指すなど、高度な専門知識とともに、技術力も磨き続けなくてはいけません。

ガス会社社員の悩み

インフラを支える企業としてガス会社は今後も求められ、就職先としての高い安定性も維持していくと考えられます。

しかしガスの全面小売自由化によって競争力が問われてきています。

ガスの供給・販売のサービス向上や利用コストを抑えられるプラン、機器の開発・販売などあらゆる面で満足度を高める努力が必要になるでしょう。

会社によりますが、ガス以外で利益を得るため、新規事業へのチャレンジも求められています。

ガスや石炭を利用した火力発電所建設し電力事業の確立するケースもあれば、ガスとはまったく無関係の事業で利益を得ることを職務としている部署もあるようです。

本業であるガス供給サービスにしても、新規事業にしても、配属先によってはアイデアを具体化する能力が求められるということです。

大きなやりがいになる一方、成果を求められますし、プレッシャーの方が大きく感じる人もいるでしょう。

ガス会社社員を辞める理由で多いものは?

会社を辞める理由は人それぞれですが、ここで挙げた理由の人も少なからずいるでしょう。

・安全を背負うプレッシャーに耐えられない
・専門知識を吸収し続けるのがつらい
・成果だけを求められる仕事が肌に合わない

ガスという社会に不可欠なエネルギー産業に従事した経験を生かし、別のエネルギー産業で知識と技術を生かしたいと思い転職するパターンも考えられます。