ガス会社社員のつらいこと、大変なこと、苦労

責任の大きな仕事に携わる

ガス会社では、さまざまな職種の社員が活躍していますが、設備点検や営業、カスタマーサービスなど、お客さまと直接コミュニケーションをとる仕事も多くあります。

ガスは目に見えないものだけに、その取り扱いに対して不安を抱えているお客さまも多くいます。だからこそ、ガス会社社員は正しい知識をもって、いかなる場合もお客さまがガスを「安心・安全」に利用できるようにしなくてはなりません。

ガスの取り扱いを一歩間違えれば重大な事故につながってしまうからこそ、自分が扱っているものに対する責任の重さをしっかりと理解することが求められます。

ときにプレッシャーを感じることもありますが、お客さまから「ありがとう」と言っていただけたときには苦労が喜びに変わるでしょう。

専門知識が求められる

ガス会社の仕事では、一般の人にはなかなか馴染みのない専門用語なども多く出てきます。

また、ガス機器や住宅設備に関する専門知識が必要とされるため、入社後にはそれらを一から勉強していかなくてはなりません。

たとえ文系職であっても、お客さまからの問い合わせには正しく答える必要があり、やはり専門知識の習得は必須です。

近年、めまぐるしく変化するエネルギー業界において、新しい情報を入手しながら仕事を創造していく努力が求められることは、ガス会社社員の大変な一面だといえます。

「安定」に安心してはいられない

電力自由化、そしてガス自由化など、近年のエネルギー業界は激動の波にさらされています。

もともと、ガス会社は「安定」の代表格の企業のひとつとして認知されていたものの、今後は競争が厳しくなることが予想され、決して安定に甘んじてはいられない時代がやってくるでしょう。

ガス会社の社員としても、これまでよりも仕事に明確な成果が求められるようになるなど、厳しさを感じる場面が増えるかもしれません。