ガス会社への転職・中途の未経験採用はある?

ガス会社への転職状況は?

ガス会社は職種も多いため中途採用も多く行われているようです。

技術を必要とする職種をはじめ、経験が重視される仕事が多いため、キャリア(経験者)採用が比較的多く見受けられます。

中途採用の場合、ピンポイントでの募集が基本です。

事務系職種であれば、営業、経営企画マーケティング、原料調達、財務、法務、技術系職種であれば施設管理、技術営業、情報システムといった職種です。

大手ガス会社だと海外がフィールドだったり、外国が相手だったりするので、海外事業や国際法務、国際会計といった職種の募集もあります。

大手の場合はグループ企業もあるため幅広い職種の募集が行われています。

中小のガス会社では未経験でも応募可能な求人もあります。

入社後実務と研修をこなしながら業務範囲を広げられるチャンスもあり、キャリアに応じた探し方ができるでしょう。

ガス会社への転職の志望動機で多いものは?

志望動機はガス業界に限らず、人それぞれです。

一般論でいえば、収入アップ、キャリアアップ、スキルアップなどが挙げられます。

中には勤務を希望する部署ではない配属・転属になったため、やりがいを求めてスキルを生かせる会社へ転職するケースもあります。

大手から規模の小さな企業へ転職するケースも考えられます。

組織が大きすぎて提案が通りにくい、お客様との距離が遠いなどの理由で転職する人もいるでしょう。

ガス会社社員の志望動機と例文・面接で気を付けるべきこと

未経験からガス会社で働くには

未経験には業界未経験と、業務未経験があります。

業界未経験の場合は主に事務職が多く、一例として法務や経理、経営企画、不動産開発、営業などの職種が挙げられます。

特に大手ガス会社の場合は別業界での実務経験が募集要件に記載されており、経験者でなければ採用されるのは難しそうです。

業務未経験は関連する実務経験のない場合です。

転職サイトを見てみると大手では募集しておらず、小規模のガス会社であれば業務未経験でも応募可能、または歓迎といった求人も見られます。

ガス会社への転職に必要な資格・有利な資格

ガス会社に転職する際、必要な資格は職種によりさまざまです。

<経理>
日商簿記検定、公認会計士税理士

参考:東京商工会議所 商工会議所の検定試験 簿記

参考:公認会計士・監査審査会 公認会計士試験

参考:国税庁 税理士試験

<法務>
ビジネス実務法務検定

参考:東京商工会議所 検定試験情報 ビジネス実務法務検定試験

<経営企画>
MBA(経営学修士)、中小企業診断士

参考:中小企業診断協会 中小企業診断士試験

<不動産開発>
宅地建物取引士

一般財団法人不動産適正取引推進機構 宅建試験

<電力エンジニア>
ボイラー・タービン主任技術者、高圧ガス製造保安責任者、電気主任技術者

参考:経済産業省 ボイラー・タービン主任技術者

参考:高圧ガス保安協会

参考:一般財団法人電気技術者試験センター

<電気設備>
第一種電気主任技術者、第二種電気主任技術者

職種により大きく変わるのが分かります。

ここで挙げた例は大手ガス会社の中途採用の場合です。

中小規模のガス会社であれば実務を通して資格取得を目指せるケースもあるため、資格がないからといってあきらめず、求人内容をしっかり確認した方がよいでしょう。

ガス会社社員に必要な資格・スキル

ガスへの転職に役立つ職務経験は?

職務経験も職種により変わります。

<経理>
個別決算業務、連結決算業務、税務申告業務、資金調達業務

<法務>
事業会社や法律事務所での法務経験、上場企業での総会運営の実務経験

<経営企画>
本社ならびにグループ会社含めた経営管理経験、コンサルタントとしての実績

<不動産開発>
不動産の仕入れ・開発に関する業務経験、新規事業として不動産事業推進に取り組んだ経験

<電力エンジニア>
発電所などでガス・蒸気タービン発電設備に関する計画、設計、建設などの経験

<電気設備>
電気主任技術者の実務経験

ビジネスレベルの英語力や海外ビジネスの実務経験が求められる職種もあります。

高い英語力が求められるのは、原料調達や海外法務、海外事業開発など海外をフィールドに活躍する職種です。

ガス会社に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

雇用対策法によって新卒採用など長期間のキャリア形成を目的としている以外、原則として年齢制限を設けるのは禁止されています。

そのため中途採用の場合は必ずしも「何歳まで」という記載があるわけでもなく、転職可能な年齢は正確には分かりません。

一般的には30代中盤あたりまでが転職しやすいといわれています。

しかし経験と実績が重要視される職種ではあまり年齢は関係ないかもしれません。

ガス会社には多くの職種があるため、こまめに求人をチェックしていればチャンスは広がるでしょう。