ガス会社社員の志望動機と例文・面接で気を付けるべきこと

ガス会社を目指すきっかけで多いものは?

ガス会社を目指すきっかけは、ガス会社で働く際のやりがいと通じるのではないでしょうか。

・地域のインフラを支えて、社会の役に立ちたい
・社会にとって不可欠なエネルギー産業で役立ちたい
・地域の発展に貢献したい
・学んできた理系の知識を業務で生かしたい
・新しい分野にもチャレンジできる環境がある

また企業や分野としての安定さに魅力を感じ就職を希望するパターンもあるでしょう。

基本的なきっかけとしてガスは身近な存在であると同時に、多くの人の役に立てる仕事ができるという理由は多いようです。

ガス会社の志望動機の考え方

ガスは身近なエネルギーでありながら、生活や経済に大きな影響を与えるインフラ(社会基盤)です。

多くの人がそこにやりがいと魅力を感じ、就職を目指しているのが志望動機の根本となるため、いかに自分らしさを加えられるかがポイントとなります。

・ほかのエネルギー提供会社もある中から、なぜガス業界を選んだのか?
・ほかにもあるガス会社の中から、なぜその企業を志望するのか?
・ガス関連事業の中で、魅力を感じている業務はどれか?

挙げたのは一例にすぎません。

業界研究や企業研究は入念に行わなければ、採用担当者をはじめ、選考に関わる社員を納得させられないでしょう。

自分が体験したガスにまつわるエピソードを志望動機にもりこむと、より興味を持ってもらえ、採用担当者を納得させる材料になります。

「会社が安定している」「給与や待遇がよい」といことを前面にした志望動機はおすすめしません。

確かに志望動機の一つかもしれませんが、ガス会社特有の魅力でもなく、業務内容に魅力を感じていないと判断されます。

ガス会社の志望動機の例文3つ

地域や社会貢献が志望動機の場合

「自分が生まれ育った地域に愛着を持っており、より便利で魅力のある地域にしたいと思い大学で学んできました。

貴社は家庭や工業施設、飲食店などにとって不可欠なガスの供給を中心に事業展開を行っていますが、利便性を高めお客様の暮らしを豊かにしたいという理念に強く共感いたしました。

学んできた知識のみならず、これからは吸収するガス関連の専門知識と経験を積極的に生かし、貴社でしかできない豊かな地域の創造に貢献していきたいです。」

過去の体験が志望動機の場合

「エネルギーの将来について興味があったため、大学でエネルギー工学を学んでいました。

その学問を選んだ理由は、小学生の頃の体験が影響しています。

当時住んでいた地域が災害に見舞われ一時期、電気やガスなどのインフラすべてが機能しなくなりました。

日数にすると2~3日でしたが、不安さと不便さは昨日のことのように思い出します。

同時に、復旧工事のため貴社の方が昼夜問わず懸命に働いている姿も鮮明に浮かんできます。

ガスが復旧した時は地域全体が何ともいえない安心感に包まれ、とても重要な存在だということにも気づきました。

いつか自分も安心を届けられる仕事がしたいと思うようになり、エネルギー工学、とくにガスについて学んだ知識を生かし、自分の夢をかなえるために志望させていただきました。」

ガス会社の面接で聞かれること・注意点

ガス会社の面接といってもほかの業界と同様、志望動機の説明や自己PR、入社後につきたい職種、長所と短所などが聞かれます。

すでに文面で提出している内容かもしれませんが、実際に自分の言葉で伝えるのは熱意をアピールできるチャンスです。

限られた時間の中で分かりやすく伝えることも重要なので、事前練習をおすすめします。

当然、業界特有の質問もされます。

例えば同じエネルギー産業である電気とガスの違いやメリット・デメリット、これからの業界展望などが想定できます。

業界情報にアンテナを張りめぐらせ、時事問題のチェックをして自分なりの考えをまとめておきましょう。

自分がガス会社に貢献できる方法も織り交ぜると好印象を与えます。

ガス会社の自己PRのポイント

ガス業界は安定したイメージもあり、とくに大手ガス会社は就職先として人気が高いです。

新卒採用時は優秀な学生も集まりやすく、入社時に資格が必要ないことから人物重視で行われているようです。

そのため、いかに自分がガス業界に向いているかをアピールできるかがカギとなるでしょう。

業界の特長として、原料調達や営業、経理広報などのコーポレートスタッフといった事務系の職種もあれば、技術開発や施工管理、ガス基地・パイプラインの維持管理などの技術系の職種など多様な人材が必要です。

幅広い分野で活躍したい、学んできた知識を生かして専門性を極めたいなど、自分の能力をしっかり分析してアピールすることが重要です。