建設会社社員の給料・年収

平均年収

建設会社の平均年収は、600万円~650万円ほどと考えられます。

ただし、日本には建設会社がたくさんあり、企業の規模や売上等によってだいぶ年収に差が出ているのも事実です。

もちろん、どの業界においても各社で平均年収は異なるということがよくありますが、建設会社もその例に漏れず、最大手といわれる企業群と中小企業では年収にかなり差が出ています。

たとえば、売上高トップクラスの「スーパーゼネコン(大手ゼネコン)」では、平均年収は800万円以上といわれており、30歳を迎えると年収500万円を超える人が増えてきます。

しかし、それに続く「準大手」といわれるクラスの企業群になると平均年収は700万円台程度となり、さらに下の「中堅ゼネコン」では、平均年収600万円台に留まる企業が多くなっているようです。

建設業界は平均年齢が比較的高めといわれているため、業界全体の平均年収自体もやや高水準の数値を表しているようですが、全体としては売上も利益も大きな会社ほど給料がよいと考えられます。

待遇・福利厚生

待遇や福利厚生に関しても、スーパーゼネコンなど大手企業のほうが充実している傾向にあるといえるでしょう。

とくに二次請け、三次請けといった下請企業では、労働環境に恵まれていないとされる企業もあり、そうした状況が離職率の高さにつながっている面があると指摘されていました。

しかし、近年の建設業界は人材不足といわれ続けていることから、その解消を目的として、ここ数年で業界全体として社会保険などの保険の未加入対策が急速に進められています。

とはいえ、建設会社は多くあり、各社で待遇や福利厚生にはだいぶ差が出ているのも実情です。

就職先を選ぶ際には社会保険など最低限の福利厚生が整っていることのほか、休業制度や資格取得支援制度など、福利厚生の内容まできちんとチェックしておいたほうがよいでしょう。