環境計量士の給料、年収

平均年収

環境計量士は、民間の環境分析会社や研究所などを中心に、さまざまな企業等で活躍することができます。

勤務先によって給与は異なりますが、年収にして300万円~500万円程度が相場となっているようです。

理系の専門職ではありますが、環境分析の仕事自体は資格がなければ絶対にできないというわけではなく、年収は個々の経験やスキルによってもだいぶ違いがあるといえるでしょう。

また、ボーナスの支給状況や各種手当の内容によっても、年収は変わってきます。

経験と資格で給料には差が出てくる

この仕事は専門性を要する技術職になるため、仕事に就いてからもどれだけ自分自身を高めていけるかが重要です。

環境分析を行う企業では環境系の資格保持者が多くいるため、仲間と刺激を与え合いながら知識や技術向上を目指していくことができるでしょう。

会社によっては資格取得支援制度があり、金銭面など会社のサポートを受けながら、資格取得に向けて取り組むことが可能です。

また、環境計量士の国家資格を持っていると、月に2万円~3万円程度の資格手当が上乗せされることがあります。

その他の環境系資格も併せ持つことで、資格手当だけで10万円近い金額をもらっている人もいるようです。

収入をアップさせていくには

環境計量士として収入を上げていきたいのであれば、やはり自身の専門性を高めることが一番です。

いきなり高年収というのは難しく地道な努力が求められますが、信頼を積み上げていき管理職になることによって、収入が大幅に増えるケースも見られます。

また、転職市場では環境計量士の資格保持者や環境分析業務経験者は優遇されやすいため、ある程度の経験や実績を積んだところで、より良い待遇の会社へ転職するといった人もいます。

これからの社会を支えていく注目度が高まっている仕事であるため、本人の頑張り次第で、比較的よい給料をもらいながら活躍することができるでしょう。