環境コンサルタントの給料・年収

環境コンサルタントの平均年収・給料の統計データ

環境コンサルタントの平均年収・月収・ボーナス

環境コンサルタントの年収は、350万円~1000万円くらいまで、人によってだいぶバラつきがあるようです。

そもそもコンサルタントという職業は、比較的給料がよく、一般的なサラリーマンに比べると高額な収入を得ている人も少なくありません。

とくに外資系のコンサルタント会社になると、20代でも年収1000万円以上を稼いでいる人がいます。

環境コンサルタントの初任給はどれくらい?

また新卒や未経験者がさほど多くなく、経験者が中心に活躍しているとされるため、他の仕事に比べると初任給はやや高めになっているようです。

とくに外資系のコンサルタント会社では初任給でも500万円以上ということも珍しくありません。

環境コンサルタントの福利厚生の特徴は?

環境コンサルタントの主な就職先は、環境コンサルタント会社や都市開発会社、建設会社、デベロッパーなどです。

環境事業を手掛ける企業は基本的に規模が大きいため、福利厚生や収入も安定していることがほとんどです。

社会保険や各種休暇など、一般企業と同様の福利厚生が得られると考えてよいでしょう。

環境コンサルタントの給料・年収の特徴

残業代の有無

環境コンサルタントは忙しく働く人が多く、残業時間が多い職場もあるようです。

会社によっては、基本給に「みなし残業代」が含まれており、定められた時間以上の残業をしても、残業代はつかないことがあります。

また、なかには長時間勤務でありながらサービス残業をしている人もいるようです。

忙しい職場であればあるほど、残業代の支給がどのように行われているかどうかはよく確認しておいたほうようがよいでしょう。

実力が収入に直結

コンサルタント業は実力主義の要素が色濃く、能力がある人は高く評価されますが、そうでない人は給料がさほど上がらないというケースもよく見られます。

環境コンサルタントも、コンサルタントの一種として、個人の能力や経験によってだいぶ給料には差が出てくるのが実情です。

したがって、大手企業に勤めれば必ずよい給料がもらえると保証されているわけではないと考えておいたほうがよいでしょう。

環境コンサルタントの勤務先別の給料・年収

建設会社勤務の場合

建設会社の平均年収は600万円~650万円程度とされています。

ただし企業の規模や売上によってだいぶ年収には差があり、大手ゼネコンでは平均年収は800万円以上といわれていますが、下請け会社では平均年収600万円台に留まる企業もあります。

コンサルタント企業勤務の場合

コンサルタント企業に勤める場合、企業や個人によって給与にはかなり差があるのが特徴です。

資格を取得していたり、結果を残せるような実力があったりすれば、より高給を得やすいでしょう。

大手コンサルタント会社では、管理職クラスになると年収1000万円を超えることもあるようです。

環境コンサルタントが収入を上げるためには?

環境コンサルタントは人によって専門分野が異なっていますが、自身の強みを持ち、それを生かすことができれば、大きく収入を上げることも可能です。

論理的思考力や企画力、プレゼン能力なども求められる仕事であるため、環境分野の専門的な知識はもちろん、ビジネスパーソンとしての経験が豊かで、スキルがあるとみなされると評価されやすいようです。

成果を出すと、年間で100万円近く年収が上がることもあるようです。

継続的によい実績を積み上げていけば、大きな収入アップが期待できるでしょう。

転職時にも能力や経験によって給料が決められることが多いため、それなりの実績がある人は良い待遇で転職しやすくなります。