【2021年版】ビオトープ管理士の給料・年収

ビオトープ管理士の平均年収・給料の統計データ

ビオトープ管理士の平均年収・月収・ボーナス

現状では、「ビオトープ管理士」という名称で働いている人はほとんどいないのが実情であり、ビオトープ管理士の資格を持つ人は、土木会社、造園会社、建設会社などの企業に就職し、そこで資格や知識を生かしながら働くことが多くなっています。

そのため、ビオトープ管理士としての給料や年収については一概に言いにくいところがあり、各企業の給与規定をはじめ、職種や経験、年齢、実績などによってもだいぶ変わってくるといえるでしょう。

ビオトープ管理士の手取りの平均月収・年収・ボーナスは

求人サイトのデータから、ビオトープ管理士の年収を仮に450万円と仮定し、ボーナスを加味しない場合、月の総支給額は37万円ほど、実際の手取りは30万円ほどとなるでしょう。

日本人の平均年収が420万円と言われていることから考えると、平均または若干高めであることがわかります。

ビオトープ管理士の初任給はどれくらい?

ビオトープ管理士は、土木会社、造園会社、建設会社などで働きます。

こうした企業に技術職として就職した場合、初任給は16万円〜20万円程度とされています。

ほかの一般的な職業にくらべると、若干低めの設定とされていることが多いようです。

ビオトープ管理士の福利厚生の特徴は?

ビオトープ管理士としてどのような企業に勤めるかによって福利厚生には差があります。

大抵の場合は、各種社会保険など一般的な福利厚生が受けられます。

土木会社、造園会社、建設会社などで働く場合は、どうしてもケガや事故が起きてしまいがちなため、労災など保険や保障を手厚くしているところが多いのが特徴です。

ビオトープ管理士の給料・年収の特徴

ビオトープ管理士は、多方面に活躍できるチャンスがある仕事だといえるでしょう。

造園業や建設業はもちろん、環境アセスメントを専門的に手掛ける会社、あるいは環境系のNPO団体などで知識を生かすこともできます。

公務員となり、自治体の「環境課」などで活躍する人もいます。

また、ビオトープ管理士をはじめ、自然環境のさまざまな関連知識やスキルを身につけることによって、個人で仕事を請け負ったり、ビオトープ関連の会社を立ち上げることもできます。

自然を守るためのアプローチはさまざまあり、ビオトープ管理士としての専門性を生かしながら、どのような場所で、どのような業務に携わっていくのかを考えることが重要といえるでしょう。

ビオトープ管理士の勤務先別の給料・年収

土木会社で働くビオトープ管理士

土木関連会社の平均年収は400万円~500万円台程度とされています。

会社の規模や能力、あるいは勤続年数などによって給料の額は変わりますが、土木に関する資格を取得していれば、昇格や昇給のチャンスも増えてくるでしょう。

大規模な公共工事に関わる企業などでは、場合によっては高収入を得ることも十分に可能となります。

造園会社で働くビオトープ管理

造園会社で働く造園工や庭師の平均年収は300万円前後です。

造園会社は中小企業が多く、一般のサラリーマンよりは低めの給与水準にある傾向にあります。

建設会社で働くビオトープ管理士

建設会社の平均年収は600万円~650万円程度です。

日本には建設会社が非常に多く、企業の規模や売上によってだいぶ年収には差があるのが現状です。

上場企業などでは平均年収は800万円以上といわれていますが、それに続く準大手クラスの企業群では平均年収は700万円台、下の中堅ゼネコンでは、平均年収が600万円台です。

ビオトープ管理士が収入を上げるためには?

ビオトープ管理士の資格を持って働く人の年収は、一般的な会社員の平均年収とさほど変わらないようです。

ただし、勤務先の会社内で昇進して管理職になることによって、収入をアップさせていくことができるでしょう。

また、環境コンサルタントとして、「公害防止管理者」「環境計量士」「港湾海洋調査士」「環境アセスメント調査員」「環境保全エンジニア」といった数々の国家資格や民間資格を取得しながらスキルアップを目指すことで、給料も上げていくことが可能です。

ひとくちに「環境保全」といっても、どのような分野を専門にするかによって、仕事内容や難易度がだいぶ変わってきます。

それにより、給料や年収にも差が出てくるといえるでしょう。