このサイトはインテリアコーディネーターを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「インテリアコーディネーター」

仕事内容
インテリアコーディネーターは、住宅やオフィス、店舗、レストランなどのインテリアについて、専門知識を生かしたアドバイスを行う仕事です。依頼主の要望をヒアリングし、内装材や家具、照明、小物などを 組み合わせ、配色も考えながら快適な空間を作り上げます。そのため、インテリアに対する幅広い知識を持っていることだけでなく、相手のライフスタイルや好みなどをしっかりと聞き出し、そのニーズに合う提案をすることが何よりも重要です。
なるには
インテリアコーディネーターを目指す場合、大学や短大、専門学校を出て、住宅・家具メーカーやデザイン事務所に就職するのが一般的な方法と言えます。学部・学科は問われないケースも多いですが、空間デザインや建築を学んでいると、有利になったり仕事に生かせたりすることもあるでしょう。また、インテリアコーディネーターは民間の資格があるものの、絶対に必要というわけではなく、就職後に働きながら勉強して取得する人も多いです。
給料
企業に勤めるインテリアコーディネーターの平均年収は、300万円~450万円程度で、一般の会社員とさほど違いはありません。デパートやインテリアショップで働く場合は、自分の売上に応じて歩合制がとられているところもあります。また、インテリアコーディネーターの資格を取得すると、資格手当が付くケースもあるようです。経験を積んでからはフリーになる人もおり、成功すれば高収入を得ることも可能です。
将来性
住宅だけではなく、商業施設や公共施設など、インテリアコーディネーターが活躍できる場は多岐に渡ります。特に近年は「ユニバーサルデザイン」や「バリアフリー」を重視する施設が増えており、これらに対応できる人材はさらに需要が高まると考えられています。個人住宅の場合、高齢化社会が進むにつれてリフォームを検討する人が増加傾向にあるなど、インテリアコーディネーターが必要とされるケースは今後も多々出てくると予想されます。