インテリアコーディネーターの勤務先と仕事内容の違い

インテリアコーディネーターの仕事内容は、基本的には既製の家具などで室内をコーディネートすることですが、勤務先によってその仕事内容は変わります。

本記事では、インテリアコーディネーターの勤務先ごとの仕事内容の違いを紹介します。

インテリアコーディネーターの勤務先・働き方の種類

インテリアコーディネーターは、さまざまな企業で内装の専門家として勤務しています。

インテリアコーディネーターのおもな勤務先
  • 住宅メーカー
  • リフォーム専門会社
  • 家具販売店
  • 設計・デザイン事務所
  • デパート
  • インテリアショップ
  • ホームセンター
  • アート関連企業
  • マスコミ

インテリアコーディネーターの仕事内容

住宅関連業界で働くインテリアコーディネーター

住宅関連業界のおもな企業
  • 住宅メーカー
  • 不動産会社
  • リフォーム会社
  • 設計・デザイン事務所
  • 建築会社
  • 工務店

住宅メーカーが手掛けた住宅や展示場・ショールームなどのインテリアをコーディネートしたり、新しく住宅を建てるお客さまの要望に応じてインテリアをアドバイスしたりします。

近年では古い住宅をリフォームする会社も人気があり、昔ながらの風情やたたずまいを生かしたインテリアコーディネートも求められています。

また設計・デザイン事務所では、商業施設や公共施設を扱うことも多いため、多くの人に好感を持たれるインテリアコーディネートや予算に応じたコストパフォーマンスの高いインテリアのセンスも必要です。

住宅設備を扱う企業で働くインテリアコーディネーター

住宅設備を扱う企業
  • 家具メーカー
  • 設備建材メーカー
  • 照明メーカー
  • 家電メーカー

私たちの暮らしに欠かせない家具や照明など住宅設備を扱う企業でもインテリアコーディネーターが活躍しています。

こうした住宅設備メーカーでは、自社の商品について幅広い知識があり、自社製品を生かしたコーディネートを考えられるインテリアコーディネーターが求められます

具体的な仕事としては、ショールームをコーディネートしたり、売り場で直接お客さまと接し、希望に合った商品を提案・提示したりします。

インテリア商品を扱う企業で働くインテリアコーディネーター

インテリア商品を扱う企業
  • デパート・百貨店
  • インテリアショップ
  • 家具店
  • 雑貨店
  • ホームセンター
  • 輸入業者

売り場をプロデュースし、商品をわかりやすく魅力的に展示することで、お客様の満足度アップと売上拡大を目指します

お客さまの目を引くコーディネートをするためには、利用者層やトレンド・地域性なども考慮する必要があります。

こうしたインテリア商品を扱う企業で働く場合は、さまざまな企業やメーカーの商品を扱うため、幅広い商品知識が求められます

独立・開業して働くインテリアコーディネーター

また、そこまで数は多いわけではありませんが、経験と実績を重ね、フリーランスで活躍するインテリアコーディネーターもいます。

フリーランスのインテリアコーディネーターは自分の好きな仕事をして自由に働くことができるというメリットがある一方で、生活が不安定になるというデメリットもあります。

インテリアコーディネーターの勤務先と仕事内容の違いのまとめ

インテリアコーディネーターは、勤務先によって求められる知識や能力が少しずつ異なる仕事です。

住宅メーカーであれば新しく家を建てたりリフォームしたりする個人のお客さま向けのアドバイスを、インテリア商品を扱う企業であれば売り場のプロデュース能力を、といった具合に、それぞれの業界に合った知識を身につける必要があります。

フリーランスで活躍するインテリアコーディネーターもいますが、経験と実績を重ねなければ独立は難しいでしょう。