電力会社社員のやりがい・楽しさ・魅力

電力会社社員のやりがい・楽しさ

暮らし、経済を支える喜び

電気は日常生活をおくるのに欠かせません。

加えて、商業施設や各種工場の稼働、オフィスなど経済活動を行ううえで、必ず使用する重要なインフラです。

電力会社にはさまざまな部門や職種がありますが、共通している目的は電力の安定供給です。

電力供給がストップすれば社会活動が困難になるのは目に見えており、まさに社会全体を支えているという誇りとやりがいを持って仕事に取り組めるでしょう。

最先端の技術に関われる

発電施設や送配電施設など、部署にもよりますが最先端の技術に関われるのもやりがいになります。

効率的かつ効果的な電力供給のため、ハード・ソフトの両面で最新技術が開発されたり、導入されたりしています。

開発と運用のどちらにたずさわるとしても、最先端技術に触れられるのは魅力です。

とくに再生可能エネルギーを利用した新電源開発に関する職種は、これからの時代をリードする可能性もあるでしょう。

新しいフィールドにチャレンジできる

電力会社として、発電や送配電、小売といった業務はメインとなりますが、将来的な収益拡大のため各社で新規事業への進出が進んでいます。

農業やデジタル技術、地域が抱える課題の解決など、あらゆる分野に着目して事業を展開しています。

電力会社というスケールの大きさを生かし、他部門の協力を得て技術や知識を活用する場合もあります。

他業界の人と一緒に事業を進める場合もあり、良い刺激をもらいながら仕事に取り組めるのは魅力でしょう。

自分の企画を事業化するには、柔軟な発想や新たな知識の吸収も欠かせません。

関係者との信頼関係構築や事業化するための各種手続きなど、業務範囲も多岐に渡ります。

しかし実際の事業として実現した時の喜びは大きなやりがいになります。

電力会社社員の仕事内容・企業の種類

電力会社社員の魅力

電力自由化や自然エネルギーを活用した発電量の増加、発電時の二酸化炭素排出削減など、電力業界は現在、大きな転換期を迎えています。

一昔前の独占的な販売ができなくなっており、将来的にも新規に参入する企業が増え、さらなる競争の激化が予想されています。

そのような状況の中、業界全体として以前までのような手厚い待遇は期待できなくなっています。

しかし社会にとって不可欠な存在であるのは変わりなく、一般的に見れば就職先としてはもちろん、待遇面でも安定感は損なっていません。

年収面で見てみると民間企業の平均年収が約440万円なのに対し、電力業界の平均年収は約760万円となっており300万円以上高いのが分かります。

福利厚生が充実しているのも魅力です。

各種保険が整っているのはもちろんですが、大手電力会社などは独身寮や社宅、保養所や財産形成支援制度なども用意されています。

同じく大手電力会社はライフスタイルやポイントに合わせて福利厚生を選べる、カフェテリアプランを導入しており、人間ドックやベビーシッター、資格取得講座やフィットネスクラブなど、多彩なメニューから選べます。

こうした安心して働くための環境が整っているのは魅力といえるでしょう。

電力会社社員の「やりがい」の口コミ投稿

  • やりがい
    3.50
    やりがい
    3.50

    電力会社の事務・受付・広報 teriyakiさん

    25歳 女性 経験4年 北海道

    退職済み(正社員)


    インフラを支えているということです。

    特に、台風などの災害時には、必ず出社して停電に備えます。毎年訓練も行われ、連絡体制や対応方法を確認します。

    また、営業系でも現場に赴くことはよくあり、電話では対応しきれなかったことを解決できると、お客さまにも感謝され、嬉しかったです。